試験対策

  • WECは各種試験の登録団体として認定されています。
test_logo1 test_logo2 test_logo3
test_logo4 test_logo5

ケンブリッジ大学英語検定・ケンブリッジ国際児童英検

logo-CambridgeESOL

試験を統括しているケンブリッジ大学の所在地、イギリスだけでなく、オーストラリア、カナダなど多くの国の大学をはじめ、様々な教育機関や企業に認められている国際レベルの英語検定試験です。
日本での知名度はまだ比較的低いですが、実は、世界約150ヶ国以上で実施されている最も有名な英語試験なのです。
就職の可能性を広げたい人、大学等の高等教育機関への留学などを考えている方にとって、自分の英語レベルを証明するのに最適とされる試験です。
また、WECはケンブリッジ大学英語検定の東北初認定試験会場にもなっており、代表スティーヴン・ホーランドは認定試験監督にも選定されております。(年2回開催)
レベルは児童対象から大人初級~上級と幅広くあり、各レベルに沿ったレッスンを行っております。
クラス 現在プライベートレッスンでお受けしています
(3人以上でグループレッスン可能)
ケンブリッジ英検 Tさん(40代・女性)
  • 受験した理由
  • 中級クラスに通わせていただいております。昨年6月から、WECが東北初のCambridge検定の受験校に認定され、遠くに行かなくても受けられるということと、全世界の人が、同時に受けるというworld wideな魅力に惹かれ、また、先生の勧めもあって、PET受験させていただきました。
  •  
  • 感想
  • 受験した方はすべてWECの生徒さんで、受験前日に先生から特別集中レッスンをしていただきました。普段ペアを組んでいるパートナーと、まるで練習のように本番も望めたので、緊張することがありませんでした。
  •  
  • メリット
  • イギリスの名門Cambridge大学が行う、世界的に通用する資格なので、これから世界を舞台にする方には特にお薦めです。
    それから、他の試験のように暗記ばかりの詰め込みではなく、日常の生活にマッチした、とても役に立つことの勉強なので苦になりません。逆に楽しんで勉強した思い出しかありません。
  •  
  • 今後の希望
  • これからどんどん上のレベルのFCE,CAEに挑戦していきたいと思います。多くの仲間と一緒に。
ウィンドミルから
Tさんは英検とケンブリッジ検定の勉強を平行して行っていたのですが、ケンブリッジ検定の勉強の楽しさに目覚めてしまい(!)、これこそ真の英語のテストだと思われたそうです。勉強していてとても楽しかったそうです。
メディア掲載

ケンブリッジ検定

IELTSコース

IELTS(アイエルツ)とは、オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・アメリカ・カナダなどで、大学(大学院)・TAFE(オーストラリアにおける職業訓練学校)の入学を目指す、あるいは、そこで、医者や看護婦(士)として働きたいとか、それらの国々に移住したいといった場合に必要となるもので、『聞く』『読む』『書く』『話す』の4つの能力を総合的に判定する資格試験です。
Listening, Reading, Writing, Speakingの 4セクションから出題されます。
IELTSは全国15都市でほぼ毎週実施されています。試験は、席が空いている限り、何回でもお申込みいただくことが可能です。
また、このIELTSには、大学や大学院に入るためのアカデミック・モジュールと、TAFE(職業訓練学校)への入学や永住権申請のためのジェネラル・トレーニング・モジュール の2種類があります。
IELTSのスコアー(バンドスコアーという)は、1.0~9.0の0.5刻み(つまり、17段階)で得点が出され、最低評価が1、最高評価が9となります。
ちなみに、イギリスやオーストラリアの大学(大学院)に入るためには、大学や学部にもよりますが、最低でも、6.0(6.5)以上となっています。
試験の実施運営は公益財団法人日本英語検定が行っており、実施会場は東京、大阪、名古屋、埼玉、横浜、仙台、京都、神戸、九州、札幌、松本、金沢、高松、岡山、広島の15都市で開催しています。
WECでは初めての方にも分かりやすく指導しております。

クラス 現在プライベートレッスンでお受けしています
(3人以上でグループレッスン可能)
IELTS Y君(高校生・男子)
  • 英会話を習おうと思った理由、WECを選んだ理由
  • WECに通い始めたのは僕が小学4年生のころで、今では通って6,7年になります。それより前から英語は勉強していたのですが、英会話を通して「実用的な英語」を身に付けたいと考え、英会話教室を探していたらWECを見つけました。
    早速WECに行ってみたところ、先生たちや教室のフレンドリーな雰囲気、ついでに看板犬(?)のオリバーも気に入ってWECに通うことにしました。
  •  
  • お取りいただいているレッスンに関してお聞かせください
  • 現在は英会話のグループレッスン、そしてこれからはIELTS対策のプライベートレッスンを予定しています。
  •  
  • 通われてのご感想をお聞かせください
  • WECではただ英語を教えているのではなく、ネイティブだからこそ分かる英語の使い方を教えてくれます。たとえば「”Do you like music ?” と聞かれて、ただ”Yes.”と答えるのは相手に無礼な言い方で、”Yes, I do.”ときちり答える方が相手に失礼のない答え方である」ということまでしっかり教えてくれます。WECは生徒に本当に実用的な英語を教えていると思います。
    また、少なくとも僕にとっては、ネイティブの人と喋れるのは大きなメリットです。もちろん日本人の先生もいて、「本当はネイティブなんじゃないか?」と思うくらい英語が上手です。外国語を学ぶときに、それを正しく理解し自らが使えるようになるにはその言語を上手にしゃべれる人と話すことが効果的だと思っていますし、そのような意味でWECはとてもいい環境です。
    他にもメリットを挙げるとすれば、WECには多くのコースがあり、幅広い年代の人たちが自分に合ったレベルで英語を勉強できることです。このようなひとつひとつのことがしっかりしているからこそ、楽しくあきらめずに英語を勉強をし続けられるのだと思います。
  •  
  • 今後のご希望をお聞かせください
  • 海外への進学や就職も視野に入れているので、広い範囲で英語を勉強していきたいと思っています。
ウィンドミルから
Y君は会話も文法もしっかり身につけています。英検も中学生で2級を取得して、世界で通用するケンブリッジ検定のPETにも合格しました。これからもどんどん国際社会で通用する社会人となるように英語を上達させていってもらいたいと思います。
IELTS Y.T君(現在アメリカの大学生・男子)
  • お取り頂いているレッスン
  • 個人レッスンを週2回で通いました。
    いずれもネイティブの先生とIELTS対策をやりました。
  •  
  • 通われての感想
  • やはり独学でのIELTS対策は無理だったなと、個人レッスンを通して思いました。例えばIELTSのWritingのセクションでは40分以内に最低でも250字以上で、与えられたテーマについて書かなきゃいけない問題があるのですが、ただ文法が正しいどうかだけではなく、その論文の構成がしっかりしているか、論理的がどうかが、採点の重要なポイントとなります。こういったハイレベルなところはウインドミルの先生方のサポートなしではかなり大変だったと思います。またIELTSやTOEFLではネイティブスピーカーとの会話のテストも、リーディング、リスニング、ライティングと同じ配点で課されます。これはさすがに独学では不可能です。私の場合、レッスンは原則英語でやっていたので、万全の体制でテストにのぞむことが出来ました。
  •  
  • 留学を志した理由
  • 東京に住んでいた頃にたくさんの外国人留学生の友達と出会い、自分の見識以上に世界が広いということに衝撃を受け、そこから留学したいと思うようになりました。
  •  
  • WECを選んだ理由
  • 自分でいろいろ調べたのですが、教えている先生方のプロフィールや経験値、教材のサンプル等を見せてもらい、WECで学ぶことに決めました。(面談をしたその日、即日で決めました。)
  •  
  • 今後の希望
  • 先生方のお力添えのおかげで、無事留学先のIELTSのスコア基準をクリアしました。
  •  
  • 現在の生活の様子
  • 今アメリカで勉強しているのですが、WECで英会話能力にも力を入れていたので、授業中に先生の言うことが分からない等の問題もありません。他の学生が英語で悶絶しているのを見て、「しっかりと準備してきてよかったな」と本当に感じています。(留学先の授業は原則アメリカ人向けに設定されているので、先生も生徒も話すスピードが速く、他の日本人留学生には聞き取れないようです。)
  •  
  • これからアメリカの大学に留学を希望している方へのアドバイス
  • とにかくまずは、英語を使って「しゃべって、しゃべって、しゃべりまくる」ことが大事だと思います。つたなくてもいいし、発音もあまり気にしないでください。特に留学先では、英語は大事な道具(ツール)です。生活全般に必要なので、留学する前にしっかりと基礎を固めることをお勧めします。
Yuhei
yuhei1
yuhei2
ウィンドミルから
Y.T君は、幣センターに来た時点で英語力が高く、スムーズに短大に入学する準備が出来ました。
やはり入学前に英語力をあげておかないと、IELTSコースを行うこと自体難しい場合がありますし、短大に入学出来ず、そのまえのESLコース(英語クラス)から取らなければいけなくなります。
そうしますと、留学の全体期間が長くなってしまうので、費用がその分余分にかかってきます。やはり今から留学を志している方は、常に英語力アップの努力をしておくと良いと思います。
IELTS M君
  • レッスン
  • 独学のIELTSとくにWriting,Speakingは難しいと感じ、Windmillで勉強を始めました。7月から12月までネイティブの先生とやりました。
  •  
  • 通われての感想
  • 高校の時に留学したものの、IELTSの英語は特徴があり、特にライティングはテーマが難しく文字制限(○○字以上)もやり抜かなくてはいけないので苦労しました。また効果的に論じなくてはならないので、先生たちには多くのアドバイスを頂きました。特にWriting,Speakingは先生たちのサポートがなければいい点数は取れなかったと思います。
  •  
  • 留学を志した理由
  • 子供のころからの夢「英語をスラスラしゃべりたい」こと、そして最近就職の時高い英語力が求められることなどから今のうちに英語力を身に着けようと思いました。
  •  
  • WECを選んだ理由
  • 若松のなかでも試験英語を扱ってくれるのはWECしかないのでここにしました。最初は不安でしたが終わってみれば有意義な時間を過ごせました。
  •  
  • 現在の生活の様子
  • 現在は1月からカナダの大学の授業に向け、年内WECでWritingを中心に勉強してます。Writingで成績が大きく変わるので少しでもよくなるように頑張ってます。
  •  
  • 現在の生活の様子
  • 今アメリカで勉強しているのですが、WECで英会話能力にも力を入れていたので、授業中に先生の言うことが分からない等の問題もありません。他の学生が英語で悶絶しているのを見て、「しっかりと準備してきてよかったな」と本当に感じています。(留学先の授業は原則アメリカ人向けに設定されているので、先生も生徒も話すスピードが速く、他の日本人留学生には聞き取れないようです。)
  •  
  • これから海外留学を希望する方へ
  • 英語を常時使うことだと思います。英語力がなくても言いたいことが伝わればOK。多少の間違いなど向こうの人は気にしません。しかしながら日本にいる間に英語力を磨き上げれば留学中の苦しみを軽減することはできます。自分のできることからやることを(単語をできるだけ覚えるなど)お勧めします。
image1
image2
ウィンドミルから
カナダの高校を卒業したM君の大学入学のためのIELTSレッスンはチャレンジングながら指導する先生も楽しく充実したものとなりました。これからもM君が楽しい大学生活を送ることを私達も楽しみにしています!

TOEFL

TOEFLとは、Test of English as a Foreign Language(外国語としての英語能力テスト)の略で、英語を母国語としない外国人が、アメリカの大学・大学院・陸海空軍の大学院・音楽家の登竜門として有名なジュリヤード音楽院・専門学校に入学して、授業についていけるだけの総合的な英語力、一般常識をもっているかどうかを判定するための英語試験です。
最近は、英国、フランス、ドイツ、オーストラリアなどの大学・大学院でも、正規留学の入学審査の際にTOEFLスコアの提出を要求するところが増えています。
また、各種政府機関、奨学金プログラムなどもTOEFLスコアを使用しています。
試験は近いところですと会津大学が認定されています。
WECではTOEFL教材に基づき、的確な指導しております。
クラス 現在プライベートレッスンでお受けしています
(3人以上でグループレッスン可能)

TOEIC

TOEICテストは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界標準のテストです。最大の特徴は合格・不合格ではなく、受験者の能力を10点~990点のスコアで評価することです。評価基準は常に一定なので受験者は正確に現在の英語能力を把握でき、目標とするスコアを設定することが可能です。
現在、世界約60ヶ国で実施されています 。
客観的に英語能力を把握できるということで、多くの企業が採用や昇進時にTOEICのスコアを考慮し始め、また多くの大学で入試や単位認定などにTOEICのスコアを利用するところが増加。
就職や単位取得のために大学生の80%以上がTOEIC受験を希望しています。
また、大学入試のために高校生の受験者も増えています。
このように、高校生から大学生・社会人まで幅広くTOEICが重視され始め、2002年には受験者数が50万人を超え、毎年大幅に増加しています 。
WECでは年に2回TOEIC IP テスト(団体試験)を6月と11月に会津若松市内にて実施しております。
TOEICクラスは初級と中級に分かれて行っており、点数アップに効果的なレッスンを行っております。
クラス定員 3~6名
レッスン時間 60分
月謝 週1回コース 10,800円(税込)
教材費 年間 約5,000円
TOEIC Kさん(20代・男性)
  • 英会話を習おうと思った理由、WECを選んだ理由
  • 私は専門学校を卒業後アメリカに留学しました。
    高校生の時にすでに留学を視野に入れていたので、その準備してWECに通うことにしました。楽しそうな雰囲気や講師やマネージャーが私の状況を理解してくれてたくさんの情報やアドバイスももらったのも助かりました。
  •  
  • お取りいただいているレッスンに関してお聞かせください
  • TOEICクラスを取っています。
  •  
  • 通われてのご感想をお聞かせください
  • 人数も少人数でちょうど良く、60分という時間も集中出来ます。苦手な項目などもリクエスト出来て、スコアアップにつながっています。
    講師の質も良くて、よってレッスンも大変効果的なレッスンが受けれています。
  •  
  • 今後のご希望をお聞かせください
  • TOEICのスコアをさらに上げていきたいです。
ウィンドミルから
Kさんは、TOEICのスコアアップを目指して熱心に通って頂いています。
WECで行う年に1回のTOEICテストも常に受験し、着実に点数があがっていますので、私共も嬉しいです。

実用英語技能検定(英検)

「英検」は正式名称を「実用英語技能検定」と言い、1963年に創設されて以来、延べ8100万人が受験し、現在は年間約240万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。
「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を、筆記・リスニング・スピーキングのテストで直接・的確に測定し、合否を判定します。
試験は年3回実施され、初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、そして最終目標となる1級まで7つの級に分かれており、自分の目指す目標を身近に設定し、無理なく確実に実力を伸ばしていくことができるように構成されています。
WECは実用英語技能検定の認定会場となっており、年に3回公式試験日と同じ日に行っております。
英検クラスは小学生から行っており、1~5級と幅広いレベルに対応しています。

小学生からの英検レッスン&受験に関しまして

英検準会場登録団体
WECは英検準会場登録団体に認定されております。毎年1月・6月・10月に幣センターにて5級~
2級までの受験が可能です。普段慣れている会場とスタッフの下、お子様は緊張することなく受験出来るというメリットがございます。また受験費用も本会場と比べまして、400円~500円安くなっております。
英検を取得するメリット
小学生のうちから英検を取得していくことによって、中学生になったときに授業が分かりやすく、
理解しやすいというメリットがございます。また大学受験の際に2級または準1級を持っているとメリットが多いです。
いつから始めればいいの?
小学1年生から可能です。小学生中~高学年までは英会話と英検どちらも取得して頂きます。
英会話1~2年学習歴があるお子様→英検5級取得の目安は1年程です(約46時間)
英会話学習歴がないお子様→英検5級取得の目安は1年半程です(約70時間)
目指す級を設定して、継続性をもって学習することが大切となっております。

英会話レッスンと英検クラスのコンビネーションの重要性
英検5級は中学1年生レベルの英語です。基本的な英文が読めて聞けることが前提です。
例えば、お子様は下記文章が読めるでしょうか?
Hi, Ann. How are you?
( ) And you?
① Good-bye. ②Thank you. ③Fine, thank you. ④How are you?
会話では上記内容が理解出来ているお子様でも、読めないがために答えがわからないお子様が多いです。読めるようになるには、長いプロセスの学習が必要です。
先ずはアルファベットの組み合わせが読めるようになるところからスタートします。
会話クラスでは最初の段階で基本的なフォニックスの学習を十分に行っていきます。
また同時に単語の学習も始めます。リスニングに関しましては、会話を同時に行うことによってあまり苦労せずにリスニング力がついていきます。逆に普段英語を聞きなれていないお子様はリスニング力を急に上達することは大変難しくなってしまいます。
ですので、英検取得のためには、バランスよく、英会話と英検クラスを相互にお取り頂くことが
大変重要です。

英検レベル表

内容
5級 中学初級程度
中学1年生や英語を習い始めた人が多く受験しています。
4級 中学中級程度
読解問題など、出題形式や内容がより実用的になります。
3級 中学卒業程度
長めの英文読解や面接試験が加わります。
二次試験のスピーキングが3級から実施されます。
準2級 高校中級程度
高校2年生程度。長文の語句空所補充問題などが加わります。
2級 高校卒業程度
職場で使う英語や、社会的な内容の英文読解も出題されます。
準1級 大学中級程度
テーマに沿って英文を書く、記述式の問題が加わります。
1級 大学上級程度
二次試験では2分のスピーチがあります。
クラス定員 3~6名
レッスン時間 60分
月謝 週1回コース 8,640円(税込)
対象級 5級~1級
教材費 年間 約2,000円~3,000円(級によってかわります)
英検 Rちゃん(小学生・女の子)
  • 英会話を習おうと思った理由、WECを選んだ理由
  • 幼稚園の頃お母さんに連れられていった体験レッスンが楽しかったからです。
    歌ったり、踊ったり、ゲームをしたり、小さかったから何で行くのか分からなかったけど遊びに出かける感じで毎週行くのを楽しみにしていました。
  •  
  • お取りいただいているレッスンに関してお聞かせください
  • 今は英検クラスと会話クラスに通っています。最初は会話のクラスだけでしたが、学年が上がり、中学生になってから困らないように机に向かっての学習にも慣れるようにと進められて英検クラスにも通うことにしました。
  •  
  • 通われてのご感想をお聞かせください
  • 先生も周りの友達ともすぐに仲良しになれてレッスンは毎回楽しいです。いろりな単語をたくさん覚えていうくちにさらに楽しくなって英語の辞書が愛読書に、洋楽が大好きになったくらいです。また、学年が上がり、部活や学校活動で通えなくなりそうと心配していたらお母さんが先生やマネジャーに相談してくれて、すぐに私にあったレベルや時間のレッスンを考えて連絡してくれるので安心です。あと、海外へのスクールトリップにもWECに通わなかったら出来なかったことだと思います。
  •  
  • 今後のご希望をお聞かせください
  • 海外進出に向けてメラメラと闘志を燃やす日々です!
ウィンドミルから
Rちゃんには幼稚園からず~っと通って頂いていて、もはや家族の様な存在です!
スクールトリップもグアムに3回、ハワイにも1回とレギュラーベースで毎年参加してくれていて、彼女も海外旅行を通して毎回影響を受け、英語の大切さを実感しているようです。海外進出、楽しみにしていますね!
メディア掲載

英検

Top