ETJ 英語教師研修会 in Sendai

 

Last year, on the 9th of December, a group of 8 members of t he WEC staff took part in the ETJ (English Teachers in Japan) Expo in Sendai.  The program is linked below.

去年の12月9日(日)にWEC講師スタッフ総勢8名にて、ETJ(English Teachers in Japan)主催の

Expo(勉強会)in Sendai(仙台)に参加してきました。

プログラムはこんな感じです。

tohokupresentations

Teachers, professors, and other language learning related professionals gathered from across Japan to take part in a variety of lectures.  The WEC staff split up to attend as many as we could, and shared the content after they were all complete so we could maximise our own development.

For example, I (Junko Holland) found a lecture by an American language school owner from Kanagawa especially interesting.  It was titled “Taking Progress Evaluation Videos in Kids Classes” and described the various merits and setbacks of taking videos of children’s classes for the purposes of evaluating student progress.  The lecturer was very confident and active, and produces his own CDs and textbooks.  We bought some of his materials and will be using them in our own classes in the future.

After seeing some sample textbooks at the expo, we have also decided to change the textbooks we use for our elementary school classes from April.  Oxford University Press had representatives at the expo, and were a great help in presenting options to us.  The new textbook is very good, and we’re looking forward to using it.

There is no end to learning English, and even teachers need to keep up to date.  The lectures were, of course, all in English including any discussion time, and participants were from Japan and around the world.  Experiencing what felt like a lecture at an overseas university while still in Japan was a great study opportunity for our Japanese teachers.

The WEC staff attend events like this as often as we can, and of course exchange ideas and have teacher development meetings so that we can work together to provide the best possible English education we can.  It goes without saying that we want to hold lessons that all our students can benefit from and enjoy.

Junko Holland,

WEC Manager.

 

日本全国から、英会話教室のオーナー先生、大学の教授、外国人人材派遣会社社長、教育委員会所属ALTマネジャーなど、様々な分野の方がレクチャーを行います。我々WECスタッフは後で皆で内容をシェア出来るように、なるべく分かれてレクチャーを取りました。

ちなみに、私、純子ホーランドが取ってとても面白かった内容は、香川県からいらした英会話教室のアメリカ人オーナーによる

「Taking Progress Evaluation Videos in Kids Classes」

でした。英会話レッスンに通っている子供の上達度を映像におさめていくメリット等や、それを実際どのように行うか、などに関してシェアしてくれました。

この先生はとてもアクティブで、ご自身でテキストやCDなどの英語教材も出版されています。今回何点か購入してみました。WECのレッスンに活かしたいと思います。

また、4月から小学生英会話の新しいコースブックも今回のExpoにOxford出版社さんも参加されていて、実際にテキストを吟味して決めることが出来ました!

とても良いコースブックですので、お楽しみに💖

英語を学ぶことに終わりはありません。また、先生だからこそ常にアップデートは必要だと思います。

全てのレクチャーはもちろん全部英語で行われます。レクチャー後には質疑応答の時間も取られ、こちらももちろん英語です!参加者は外国の方はもちろん、日本人英語講師など日本人もいます。

日本にいながら、外国の大学でレッスンを受けている様な感覚がとても新鮮で勉強になり、大変面白かったです。

WECでは機会があるごとに先生同志の情報交換・ミーティングはもちろんのこと、このような勉強会には可能な限り参加しております。

スタッフ一同、常により良いレッスン展開のために努力しております。

それは生徒の皆さまのためになるレッスンを行いたいのであれば当然のことだと思っています💖

Junko Holland

WECマネジャー

We also met David Paul, the author of the “Finding Out” series of textbooks, which we use in our children’s classes.  He came all the way from Hiroshima for the event, and is an expert on teaching Phonics in Japan.  We were very lucky he agreed to a commemorative photo with us.

WECでもワークブックとして使用している「Finding Out」の著者、David Paul氏と記念撮影。

Paul氏は、このExpoのために広島からご出席。日本におけるフォニックス発音指導の第一人者でもあります。

 

 

Top