国際交流の大切さ

 

皆さんは、ご家庭に英語圏の方をホストファミリーとして迎えた経験はありますか?

7月に Japan society主催のプログラムでWEC生徒さん数名の方がアメリカ・ニューヨークの学生を家庭に3泊4日で受け入れました。

女子高校生2人の家庭には、同世代の女子高校生が滞在しました。

英語でたくさん会話が出来、お互いの情報を交換出来るとても貴重な体験となったようです。

親御さんからは、

「実際に子供が英語を話している姿を見れて良かった。とても上手に話しているのを見て、びっくりしたし、すごく嬉しかった!」

「親の通訳をしてくれる程までで、すごいと思った!」

などと驚きの声があがりました。

受け入れた学生からは、

「同世代の子と英語で交流出来て、とても嬉しかった!」

「日本の文化などを聞かれて、もっと日本について学ぼうと思った」

「いつも親に通訳を頼まれて大変だった(笑)!」

「この体験を通してもっともっと英語が話せるようになりたいと強く思った」

などの声があがりました。

今回受け入れたLちゃんは、早速ニューヨークにご招待を受けているそうです☆彡

WECでは、このような機会を積極的に生徒さんに紹介しています。

英語が通じる嬉しさを体験することによって、より学びたい欲求が出てきますよ!

 

 

 

Top