Can you spell…?

Hello, readers!! It’s been a while. How have you been?
イギリスからの中継ブログ以降すっかりご無沙汰してしまいました(^_^;)
今日は、幼稚園児クラスの様子について書きますね!!
私の指導するPreSchoolクラスには、4歳から6歳の子供たちがレッスンに参加してくれています。みんなだいたい通って10ヶ月~2年くらいになると思うのですが、最近はもう大文字、小文字の区別もついて、私やポスターのヘルプ無しでアルファベット順に文字のカードを並べたり、3文字の組み合わせ( cat, bag, busなど )の単語をスペルしたりができるようになってきて、毎週子どもたちの成長には本当に驚かされます!!
もうそろそろ自分たちで簡単な絵本も読めるかしら?と、ちょっとワクワク♪
クラスの中でアクティビティをしたり、ビデオを見たりしている間も『Are you okay?』、『I don’t like frogs!!』など英語がポンポン出てくるようになり、本当に私や他の先生の言っていることをよく聞いて真似して吸収していってくれてるんだなぁーと、感心してしまうことも多々あります☆
私が中学生の頃でも、こんなにしゃべれなかったので、羨ましくもあり。。。(笑)
子供たちに追い越されないように、私も頑張らなくちゃ!!

jun 21

Hello, readers!! It’s been a while. How have you been?

イギリスからの中継ブログ以降すっかりご無沙汰してしまいました(^_^;)

今日は、幼稚園児クラスの様子について書きますね!!

私の指導するPreSchoolクラスには、4歳から6歳の子供たちがレッスンに参加してくれています。みんなだいたい通って10ヶ月~2年くらいになると思うのですが、最近はもう大文字、小文字の区別もついて、私やポスターのヘルプ無しでアルファベット順に文字のカードを並べたり、3文字の組み合わせ( cat, bag, busなど )の単語をスペルしたりができるようになってきて、毎週子どもたちの成長には本当に驚かされます!!

もうそろそろ自分たちで簡単な絵本も読めるかしら?と、ちょっとワクワク♪

クラスの中でアクティビティをしたり、ビデオを見たりしている間も『Are you okay?』、『I don’t like frogs!!』など英語がポンポン出てくるようになり、本当に私や他の先生の言っていることをよく聞いて真似して吸収していってくれてるんだなぁーと、感心してしまうことも多々あります☆

私が中学生の頃でも、こんなにしゃべれなかったので、羨ましくもあり。。。(笑)

子供たちに追い越されないように、私も頑張らなくちゃ!!

Preparing for the WEC School Trip to Hawaii 2012

Preparing for the WEC School Trip to Hawaii 2012
Recently I have been making arrangements for our school trip to Hawaii this summer. Junko and I will be taking a group of 7 young students from 11-14 to a summer camp organized by the YMCA of Hawaii. It will be a fantastic experience for our young students to enjoy playing sports and doing other outdoor activities with children from other countries. Several cheerful camp instructors from various countries (typically university students between 18-22) will be supervising, helping, encouraging and supporting the children. Of course the language used for these activities will be English.
On the front page of our website are the words “Prepare yourself for the real world”. This is what we do all the time in our classes at the school, we promote “Active Learning” which means our students have to think and produce English themselves by speaking English or writing it.
When the students arrive in Hawaii on July 29th they will have the chance to actually use English naturally outside the classroom as the way to communicate with the other children and adults at the summer camp. It should be a wonderful boost for their English language skills, a memorable experience different cultures and a great boost to their general confidence and happiness and all the while taking place in one of the most beautiful places in the world.
Along with the young students, we are also looking forward to the trip very much and to witnessing the changes that such an experience can make to the students.
2012WECハワイスクールトリップの準備
最近私はこの夏のハワイへ行くスクールトリップの調整をしています。純子と私はハワイのYMCAのサマーキャンプに参加する11才から14才の7人の生徒を引率します。ほかの国の子供たちとスポーツや他のアウトドアを経験して、生徒たちにはとても素晴らしい経験になるでしょう。このキャンプのインストラクターは、基本的18才から22才位の元気いっぱいの大学生のお兄さん、お姉さん達です。出身国は様々です。そんなインストラクターの人たちが引率し、手助けして、励まして、支えてくれます。もちろん、アクティビティの間使用する言葉は英語です。
WECのHPのトップページにある“Prepare yourself for the real world”.という言葉があります。これは、スクールのクラスの中でいつもやっていることです。私たちは“Active Learning(-英語を話したり書いたりすることで生徒さん自ら英語を考え、創造すること)” を一生懸命しているのです。
7月29日にハワイにつくと、実際にクラスルームの外でごく自然にサマーキャンプに参加する他の子供や大人たちとコミュニケーションする手段として英語を使うチャンスがやってきます。そのチャンスは間違いなく生徒たちの英会話のスキルを向上させてくれるし、異文化は忘れられない経験になるはずですし、それだけでなく彼らの自信も幸福感もアップするでしょう。
生徒たちに加え、私たちもこの旅行、それから生徒たちがこの経験を通して成長していくのを見るのをとても楽しみにしています。

2

Recently I have been making arrangements for our school trip to Hawaii this summer. Junko and I will be taking a group of 7 young students from 11-14 to a summer camp organized by the YMCA of Hawaii. It will be a fantastic experience for our young students to enjoy playing sports and doing other outdoor activities with children from other countries. Several cheerful camp instructors from various countries (typically university students between 18-22) will be supervising, helping, encouraging and supporting the children. Of course the language used for these activities will be English.

On the front page of our website are the words “Prepare yourself for the real world”. This is what we do all the time in our classes at the school, we promote “Active Learning” which means our students have to think and produce English themselves by speaking English or writing it.

When the students arrive in Hawaii on July 29th they will have the chance to actually use English naturally outside the classroom as the way to communicate with the other children and adults at the summer camp. It should be a wonderful boost for their English language skills, a memorable experience different cultures and a great boost to their general confidence and happiness and all the while taking place in one of the most beautiful places in the world.

Along with the young students, we are also looking forward to the trip very much and to witnessing the changes that such an experience can make to the students.

最近私はこの夏のハワイへ行くスクールトリップの調整をしています。純子と私はハワイのYMCAのサマーキャンプに参加する11才から14才の7人の生徒を引率します。ほかの国の子供たちとスポーツや他のアウトドアを経験して、生徒たちにはとても素晴らしい経験になるでしょう。このキャンプのインストラクターは、基本的18才から22才位の元気いっぱいの大学生のお兄さん、お姉さん達です。出身国は様々です。そんなインストラクターの人たちが引率し、手助けして、励まして、支えてくれます。もちろん、アクティビティの間使用する言葉は英語です。

WECのHPのトップページにある“Prepare yourself for the real world”.という言葉があります。これは、スクールのクラスの中でいつもやっていることです。私たちは“Active Learning(-英語を話したり書いたりすることで生徒さん自ら英語を考え、創造すること)” を一生懸命しているのです。

7月29日にハワイにつくと、実際にクラスルームの外でごく自然にサマーキャンプに参加する他の子供や大人たちとコミュニケーションする手段として英語を使うチャンスがやってきます。そのチャンスは間違いなく生徒たちの英会話のスキルを向上させてくれるし、異文化は忘れられない経験になるはずですし、世界有数のスポットにも匹敵する場所での経験で彼らの自信も幸福感もアップするでしょう。

生徒たちに加え、私たちもこの旅行をとても楽しみにしています。それから生徒たちがこの経験を通して成長していくのを見るのもまた、大変楽しみにしています。

最近のレッスンから ②

現在、英検4級クラスでは、比較級の勉強をしています。
2つのものを比べて、こっちの方が他方より○○というものです。
形容詞・副詞にerをつけて比較級をつくります。形容詞・副詞が2音節以上の長いものにはmoreをつけます。(例外もありますが。あと、lyで終わる副詞も)
このバッグは、あのバッグより安いという文を作る時のこと。ようやくerの付け方に慣れてきたGくん。This bag is cheaper than that one.としたかたっと思うのですが、なぜか答えは、チーパーではなくチーター。ものすごく走るのが早くなってしまいました。
あるお笑い芸人さんのネタに、ポテロングと紗々(網目状に形成したチョコレート)の面白い話があるのですが、より長いポテロングはポテロンガー、もっとも長いものはポテロンゲスト。そして、網目がより細かくなった紗々がサシャー、物凄い勢いの網目になったものがサシェスト。この話でほとんどの生徒さんが理解してくれます。お笑いも、ジャニーズの歌も私の英語教育をする上でのマテリアルになってくれています。
最近よく生徒さんから、レッスン中、英語しか話さない私に、“先生ってなにじん?”と聞かれます。そんな時は迷いもせず、“美人”と答えます。笑ったあなた!ひどい!
最近のレッスンから まる2現在、英検4級クラスでは、比較級の勉強をしています。
2つのものを比べて、こっちの方が他方より○○というものです。
形容詞・副詞にerをつけて比較級をつくります。形容詞・副詞が2音節以上の長いものにはmoreをつけます。(例外もありますが。あと、lyで終わる副詞も)
このバッグは、あのバッグより安いという文を作る時のこと。ようやくerの付け方に慣れてきたGくん。This bag is cheaper than that one.としたかたっと思うのですが、なぜか答えは、チーパーではなくチーター。ものすごく走るのが早くなってしまいました。
あるお笑い芸人さんのネタに、ポテロングと紗々(網目状に形成したチョコレート)の面白い話があるのですが、より長いポテロングはポテロンガー、もっとも長いものはポテロンゲスト。そして、網目がより細かくなった紗々がサシャー、物凄い勢いの網目になったものがサシェスト。この話でほとんどの生徒さんが理解してくれます。お笑いも、ジャニーズの歌も私の英語教育をする上でのマテリアルになってくれています。
最近よく生徒さんから、レッスン中、英語しか話さない私に、“先生ってなにじん?”と聞かれます。そんな時は迷いもせず、“美人”と答えます。笑ったあなた!ひどい!

Packed lunch Japan VS UK

totoro

キャラ弁、↑ すごいですよね~

私絶対無理です↓

ある日の夫との会話

「小学生になったらお弁当かも」

と言う私に

「そしたら前日にお弁当とか買えばいいね!」

と明るく答える夫

その感覚、すごいとさすがの私も思ってしまった・・・・・・

さすがイギリス人(食にこだわらない人種)

そんなイギリス人のランチはこんな感じです

lunchjpg

TOEIC対策クラス生徒さん募集中

to

皆さんはTOEICの勉強はどうされていますか?

教材を購入し、受験する日を決めて、それに向けて計画的に勉強!

…………………. とちゃんと出来る方は以外と少ないと思います。

WECでは下記要項にてTOEIC対策クラスがございます。

毎週決まった時間にレッスンを持つことによって、確実な上達が可能となりますので、

ぜひ始めてみませんか!

要項

日時:毎週木曜日 20:10-21:10

レベル:TOEIC 500点相当の方対象(700点以上を目指されている方)

月謝:¥10,500

ご興味のある方はぜひ一度無料体験レッスンにいらしてください。

ご予約受付中です。

最近のレッスンから

暑くなったり、寒くなったり天候が不安定な毎日ですが、皆さん、如何お過ごしですか?
1つ、訂正があります。前回のブログで真っ黒くろすけを“千と千尋”の中のキャラとして書いてしまいましたが、本当は、“トトロ”でした。申し訳ございません。
さて、気を取り直して・・・・。お天気の話で、最近分かったことがありあます。幼稚園児クラスで”How’s the weather?” という歌を歌っているのですが、
天気によって曲調が変わるのです。もちろん晴れは明るいのですが、雨や雪の時にもやたら明るいのです。曇りなんて、これから何かが起こりそうなほどめちゃくちゃ暗くて、いつもどうしてかな?と考えていました。でも、その歌のポスターを見たら一目瞭然でした。イギリスの歌なのですね。イギリスのお天気は霧が多くていつもドンヨリしているイメージですよね。(本当はそうでもないそうなのですが。)しかしながら、降水量は日本のほうが多いというは驚きです。
英検クラスで、単語のミ二テストを毎回行なっているのですが、最近2人の子を泣かせてしまいました。1人はご自宅でレッスンをされているかたで、たまたま単語テストの時にお母様がいらして、あまりの出来の悪さにご立腹なさり、その場でいきなりバシーン~~この後のことはご想像にお任せします。
もう1人は何回も勉強してきたのにあまりの結果に、自分自身が情けなくなったのでしょう。珍しく泣いていました。でも、この悔しさが次に繋がることも教えたいと思います。お母様に叩かれた子は、その後のテストから満点をとれるほどになりました!
中学生のクラスで、所有代名詞の確認をしていた時のこと。最近あるジャニーズのグループの歌のおかげで、She her herと、すぐ出てくることは本当にジャニーさんに感謝状をおくりたいほど。でも、その印象が強すぎるのか、
“Heの所有代名詞は?”と聞いたところ、返ってきた返事は、“He her”
それってなんかのスナック菓子じゃないの?
最近のレッスンから
暑くなったり、寒くなったり天候が不安定な毎日ですが、皆さん、如何お過ごしですか?
1つ、訂正があります。前回のブログで真っ黒くろすけを“千と千尋”の中のキャラとして書いてしまいましたが、本当は、“トトロ”でした。申し訳ございません。
さて、気を取り直して・・・・。お天気の話で、最近分かったことがありあます。幼稚園児クラスで”How’s the weather?” という歌を歌っているのですが、
天気によって曲調が変わるのです。もちろん晴れは明るいのですが、雨や雪の時にもやたら明るいのです。曇りなんて、これから何かが起こりそうなほどめちゃくちゃ暗くて、いつもどうしてかな?と考えていました。でも、その歌のポスターを見たら一目瞭然でした。イギリスの歌なのですね。イギリスのお天気は霧が多くていつもドンヨリしているイメージですよね。(本当はそうでもないそうなのですが。)しかしながら、降水量は日本のほうが多いというは驚きです。
英検クラスで、単語のミ二テストを毎回行なっているのですが、最近2人の子を泣かせてしまいました。1人はご自宅でレッスンをされているかたで、たまたま単語テストの時にお母様がいらして、あまりの出来の悪さにご立腹なさり、その場でいきなりバシーン~~この後のことはご想像にお任せします。
もう1人は何回も勉強してきたのにあまりの結果に、自分自身が情けなくなったのでしょう。珍しく泣いていました。でも、この悔しさが次に繋がることも教えたいと思います。お母様に叩かれた子は、その後のテストから満点をとれるほどになりました!
中学生のクラスで、所有代名詞の確認をしていた時のこと。最近あるジャニーズのグループの歌のおかげで、She her herと、すぐ出てくることは本当にジャニーさんに感謝状をおくりたいほど。でも、その印象が強すぎるのか、
“Heの所有代名詞は?”と聞いたところ、返ってきた返事は、“He her”
それってなんかのスナック菓子じゃないの?

KET & PET on Saturday

Last Saturday I was a supervisor and an invigilator for the Cambridge ESOL KET and PET examinations which we organized for our pre-intermediate and intermediate level students. The exams were held at the Aizuwakamatsu Chamber of Commerce, which is not too far from the Windmill English Centre in Nakajima Machi.
I always feel very pleased and proud to offer our students and other candidates the chance to take examinations in English which are truly of an international standard even though there is a lot of administration work for us to do in order to hold the exams.
When I asked a couple of students after the exams about them, they commented that the listening paper was hard because the speakers they had to listen to on the test CD spoke so “quickly”. However, when I was invigilating during the listening paper, I thought the native English speakers on the CD were talking clearly and naturally. The students’ comments reminded me of the importance of exposing them to the rhythm and intonation of natural, authentic spoken English along with its hesitations, repetitions, weak forms, contractions (i.e. “I’m” not “I am”), ellipses (missing out words when considered unnecessary) etc..
At the school we use some of the best quality teaching materials available which, generally, use language as it is spoken naturally by fluent English speakers. It is clear that, in order to pass Cambridge exams, students must get this type of listening practice in the classroom and/or at home.

ketpet

Last Saturday I was a supervisor and an invigilator for the Cambridge ESOL KET and PET examinations which we organized for our pre-intermediate and intermediate level students. The exams were held at the Aizuwakamatsu Chamber of Commerce, which is not too far from the Windmill English Centre in Nakajima Machi.

I always feel very pleased and proud to offer our students and other candidates the chance to take examinations in English which are truly of an international standard even though there is a lot of administration work for us to do in order to hold the exams.

When I asked a couple of students after the exams about them, they commented that the listening paper was hard because the speakers they had to listen to on the test CD spoke so “quickly”. However, when I was invigilating during the listening paper, I thought the native English speakers on the CD were talking clearly and naturally. The students’ comments reminded me of the importance of exposing them to the rhythm and intonation of natural, authentic spoken English along with its hesitations, repetitions, weak forms, contractions (i.e. “I’m” not “I am”), ellipses (missing out words when considered unnecessary) etc..

At the school we use some of the best quality teaching materials available which, generally, use language as it is spoken naturally by fluent English speakers. It is clear that, in order to pass Cambridge exams, students must get this type of listening practice in the classroom and/or at home.

お花見

4月のGWの入りはじめの頃、スクールのお花見パーティが行われました。
とても良いお天気でしたが、残念ながら今年の桜は短期間のブルーミングだった為、ほとんど散ってしまったあとでした。しかしながら、おひさまの下、外で大勢の方々と美味しいものを食べるのは、本当に気持ちが良いです。
美味しいものといえば、↑写真はある保護者さんが、作ってくださったオニギリなのですが、(だいぶ食べてしまってから撮ったので少ししかありませんが・・・)映画・“千と千尋の神隠し”の真っ黒くろすけなのです!
すごい感動です。このようなお弁当だったら息子は文句の1つも言わなかっただろうにと考えながら頂きました。本当に美味しかったです。隣に並んでいた春巻きには、鳥肉と梅肉が入っていて、油っこさが気にならない一品でした。
カナダご出身の方は、フランスパンに合う手作りキノコパテを塗ってサーブしてくださいました。作り方をお伺いしましたが、あまりに手がかかっているので私には作れそうにもありません。本当に美味しいモノに出会えるって、嬉しいですよね。(-^〇^-)
お腹いっぱいになったあとは、子供たちと池へ。蛙がたくさんいたので中には入りませんでしたが、みんな大騒ぎで、この日はグッスリ眠れたでしょうね。

桜はあまり咲いてなくて残念でしたが、やっぱり“花より団子”です

よね!

お花見
4月のGWの入りはじめの頃、スクールのお花見パーティが行われました。
とても良いお天気でしたが、残念ながら今年の桜は短期間のブルーミングだった為、ほとんど散ってしまったあとでした。しかしながら、おひさまの下、外で大勢の方々と美味しいものを食べるのは、本当に気持ちが良いです。
美味しいものといえば、↑写真はある保護者さんが、作ってくださったオニギリなのですが、(だいぶ食べてしまってから撮ったので少ししかありませんが・・・)映画・“千と千尋の神隠し”の真っ黒くろすけなのです!
すごい感動です。このようなお弁当だったら息子は文句の1つも言わなかっただろうにと考えながら頂きました。本当に美味しかったです。隣に並んでいた春巻きには、鳥肉と梅肉が入っていて、油っこさが気にならない一品でした。
カナダご出身の方は、フランスパンに合う手作りキノコパテを塗ってサーブしてくださいました。作り方をお伺いしましたが、あまりに手がかかっているので私には作れそうにもありません。本当に美味しいモノに出会えるって、嬉しいですよね。(-^〇^-)
お腹いっぱいになったあとは、子供たちと池へ。蛙がたくさんいたので中には入りませんでしたが、みんな大騒ぎで、この日はグッスリ眠れたでしょうね。
桜はあまり咲いてなくて残念でしたが、やっぱり“花より団子”ですよね!

British Hills 研修ツアー

先日、私と受付のRieさんで、British Hills に研修に行って参りました。
全国から70人余りの英語教室の先生方が集まり、新しく建設したバラック(兵舎)の見学をメインに二日間の研修ツアーがあり、それに参加させていただきました。本当に有意義で、パスポートのいらない英国を日本で体験できたという感じです。
新しいバラックは、英国の中世のお城をイメージしたということで、新しいにも関わらず、そこだけタイムスリップした感じでした。中はわりと近代的で、パーテーションで3つに区切ることのできる研修室が1Fにあり、2Fも区切られた研修室がいくつかありました。3Fは宿泊室になっていて、英国のバラックそのものと同じ4人部屋で、シャワールームは別にありました。売店も併設されており、買い物をすべて英語で行う施設になっています。
隣のオクタゴンは食堂で、ランチはワンプレート、ディナーはビュッフェスタイルだそうです。
6回目の訪問だったのですが、宿泊は初めてだったので、より深くBritish Hillsを知ることができました。なんといっても“花より○子”のロケ地になったのが有名で、最近もドラマ“Wの○劇”の和○家になっています。
7月1日(日)に当スクールの、British Hills ツアーがあります。日帰りのツアーですが、cookingやランチビュッフェやマナーハウスツアーを楽しめます。
是非、ご一緒しましょう。
DCIM0010
先日、私と受付のRieさんで、British Hills に研修に行って参りました。
全国から70人余りの英語教室の先生方が集まり、新しく建設したバラック(兵舎)の見学をメインに二日間の研修ツアーがあり、それに参加させていただきました。本当に有意義で、パスポートのいらない英国を日本で体験できたという感じです。
新しいバラックは、英国の中世のお城をイメージしたということで、新しいにも関わらず、そこだけタイムスリップした感じでした。中はわりと近代的で、パーテーションで3つに区切ることのできる研修室が1Fにあり、2Fも区切られた研修室がいくつかありました。3Fは宿泊室になっていて、英国のバラックそのものと同じ4人部屋で、シャワールームは別にありました。売店も併設されており、買い物をすべて英語で行う施設になっています。
隣のオクタゴンは食堂で、ランチはワンプレート、ディナーはビュッフェスタイルだそうです。
6回目の訪問だったのですが、宿泊は初めてだったので、より深くBritish Hillsを知ることができました。なんといっても“花より○子”のロケ地になったのが有名で、最近もドラマ“Wの○劇”の和○家になっています。
7月1日(日)に当スクールの、British Hills ツアーがあります。日帰りのツアーですが、cookingやランチビュッフェやマナーハウスツアーを楽しめます。
是非、ご一緒しましょう。

Hello from Oxford!

オックスフォードからこんばんは。今こちらは夜8:40です。(日本との時差-8時間)
今回は、スクールライフについてお話します。
私が通っているのは, Lake School of Englishという、オックスフォードの語学スクールです。
私がとっているのは、小学校クラスのためのクリエイティブティーチングコースという、スキルアップの為のコースで、クラスにはポーランドから3人、トルコから1人の先生方が参加しています。語学スクールからの参加は私のみで、他は皆小学校の先生なのですが、お互いの国の教育環境や考え方などについて話したりするのは本当に刺激的でおもしろいです。
スクールのプログラムで、週に一度は、オックスフォードのウォーキングツアーがあったり、地元で人気のパブに集まって他の国から来ている生徒さんたちと交流する機会もあって、本当に楽しいですよ。日本にいると、いっぺんに十数カ国の方たちと話す機会がないので、かなりの頻度で『Where are you from?(どこ出身?)』と聞いたり聞かれたりしています。
今まで知り合った方たちの国籍:
イギリス
アメリカ
ポーランド
トルコ
イタリア
ブルガリア
スペイン
グアテマラ
フランス
スェーデン
スイス
ベルギー
インド
タイ
でも、もちろん皆さん英語で話しています。
英語って、本当に便利!!
クラスでは、歌や絵本、パソコン、ウェブサイト、ゲームやアクティビティのアイデアなどを沢山学んでいるので、帰国してクラスの皆さんとやってみたいことが沢山あります!!
コースが終了したら、コース受講の印に、資格証書ももらえるんですよ!!
あぁ・・・かなり久しぶりに学生の気分(*^_^*)
帰国して皆さんにもっと報告したいことがたくさんあるので、今から日本に帰るのもとても楽しみにしています!!
それではまた!!See you later!!
Maeko
ox

28th April, 2012

オックスフォードからこんばんは。今こちらは夜8:40です。(日本との時差-8時間)

今回は、スクールライフについてお話します。
私が通っているのは, Lake School of Englishという、オックスフォードの語学スクールです。
私がとっているのは、小学校クラスのためのクリエイティブティーチングコースという、スキルアップの為のコースで、クラスにはポーランドから3人、トルコから1人の先生方が参加しています。語学スクールからの参加は私のみで、他は皆小学校の先生なのですが、お互いの国の教育環境や考え方などについて話したりするのは本当に刺激的でおもしろいです。
スクールのプログラムで、週に一度は、オックスフォードのウォーキングツアーがあったり、地元で人気のパブに集まって他の国から来ている生徒さんたちと交流する機会もあって、本当に楽しいですよ。日本にいると、いっぺんに十数カ国の方たちと話す機会がないので、かなりの頻度で『Where are you from?(どこ出身?)』と聞いたり聞かれたりしています。
今まで知り合った方たちの国籍:
イギリス
アメリカ
ポーランド
トルコ
イタリア
ブルガリア
スペイン
グアテマラ
フランス
スェーデン
スイス
ベルギー
インド
タイ
でも、もちろん皆さん英語で話しています。
英語って、本当に便利!!
クラスでは、歌や絵本、パソコン、ウェブサイト、ゲームやアクティビティのアイデアなどを沢山学んでいるので、帰国してクラスの皆さんとやってみたいことが沢山あります!!
コースが終了したら、コース受講の印に、資格証書ももらえるんですよ!!
あぁ・・・かなり久しぶりに学生の気分(*^_^*)
帰国して皆さんにもっと報告したいことがたくさんあるので、今から日本に帰るのもとても楽しみにしています!!
それではまた!!See you later!!
Maeko
Top