夏休み特別レッスン「マエコ先生と英語で遊ぼ!」 

summer

もうすぐ夏休みですね☆
下記要項で夏休み特別レッスンを行います。

英語初心者の子も、現在通って頂いている生徒さんもみんな楽しめるレッスン内容(英語でゲームや工作などを行います)
となっておりますのでお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。 英語でスイカ割りのゲームもやりますよ!

7月31日(火曜日) 13:00~14:30
対象:4才~小学1年生までのお子様
定員:7名 *先着順となりますので、お早めにお申し込みください
レッスン料金:¥525
8月3日(金曜日)  13:00~14:30
対象:小学2年生~6年生までのお子様
定員:7名 *先着順となりますので、お早めにお申し込みください
レッスン料金:¥525

夏休み無料体験レッスン&サマーキャンペーン 

himawari

期間:7月24日(火)~8月25日(土)限定
対象クラス:中島・城西両校共全てのクラスから1クラス無料でご体験頂けます
ただし、レッスン内容が違うクラス(例)会話・英検・TOEIC に関しましては、各クラスを1クラスずつご体験頂けます!

キャンペーン:上記期間中ですと、下記特典にてご入会頂けます
・入会金50%オフ(通常¥10,000→¥5,000)
・テキスト代より¥1,000オフ
・幼児~小学生までのお子様にはアルファベットポスタープレゼント

また、ご紹介頂きました生徒さんには、ご入会者様お1人に付き¥2,000お月謝より割引させていただきます。

Do you know "CouchSurfing" ?

Couch

“CouchSurfing” ってご存知ですか?

インターネット上にあるサイトで、メンバー登録をすれば(年会費あり)

メンバー同士のお宅に泊まれるリクエストが出せるというシステムです。

例えば、イギリスに行きたいとします。そのときにこのサイトでイギリスに滞在している人を検索して、お泊り希望のリクエストを送ります。OKがもらえれば無事宿泊決定となります。

(個人的なやり取りになります)

Couch = カウチ いわゆるソファーということで、ソファーで寝させてもらう、的な意味ですね☆

昨日我が家で初めての” カウチサーファー”がいらっしゃいました。

アメリカ・ニューヨーク州出身のマイクさんです。

お仕事はジャーナリストで、今回被災地を中心に取材をされているとのことでした。

夜19:00に到着して、朝9時には次の目的地に出発していく、という超特急スケジュールで

まったく会津観光が出来ませんでしたが、それでも色々なお話を聞くことが出来て

大変楽しかったです!

ソフィーは大張りきりで、夕食後ご自慢のダンスを披露しました!

次なるサーファーを楽しみにしているホーランド家です。

ご興味のある方は下記をご参照ください

http://www.couchsurfing.org/

British Hills Tour 2012

7月1日、2年ぶりのWEC school tripとして、British Hillsに行ってまいりました。今回は老若男女18名のご参加で、スクール生以外の方もいらっしゃいました。車に分乗し、約一時間かけてのドライブです。もう7回目。初めて迷わないで行くことができました。
今年のLondonは特別な年。Olympic gamesや、Queen Elizabethの即位60周年をお祝いするDiamond Jubileeで街は大賑わい。それを象徴するかのように入口からUnion Jackのお出迎え。もうここから気分はイギリス。
まずは、オリエンテーション。建物の簡単な説明と、テーブルマナーまで教えていただきました。みなさん、バイキングスタイルのランチを思い浮かべ、お腹がすいたのでは?
おたのしみのcookingはshortbreadでした。教えてくれたのはBrett先生。ブレッドをブレットが・・・・。みなさん真剣に取り組み、素敵なトッピングをされて美味しそうに仕上がっていました。沢山作ったのでお土産をご家族へ。
ランチは、残念ながらハリーポッターに出てくるようなrefectoryで食べることが出来なかったのですが、pubの二階を貸し切ってバイキングスタイルでいただきました。最後のケーキが美味しくておかわりしてしまいました。
バグパイプの生演奏をサプライズで見られて本当にラッキーでした。
最後のManor Houseのツアーは、ドラマのロケで使われていた図書室に大興奮!今までクールに決めていたYくんが“テンションあがる!”と言った瞬間、その豹変ぶりに驚いてしまいました。
マナーハウスは、マナーを教えてもらう建物だと思っていたかた。実は、manorは荘園領主の館を意味します。お忘れなきよう。
BH2012
7月1日、2年ぶりのWEC school tripとして、British Hillsに行ってまいりました。今回は老若男女18名のご参加で、スクール生以外の方もいらっしゃいました。車に分乗し、約一時間かけてのドライブです。もう7回目。初めて迷わないで行くことができました。
今年のLondonは特別な年。Olympic gamesや、Queen Elizabethの即位60周年をお祝いするDiamond Jubileeで街は大賑わい。それを象徴するかのように入口からUnion Jackのお出迎え。もうここから気分はイギリス。
まずは、オリエンテーション。建物の簡単な説明と、テーブルマナーまで教えていただきました。みなさん、バイキングスタイルのランチを思い浮かべ、お腹がすいたのでは?
おたのしみのcookingはshortbreadでした。教えてくれたのはBrett先生。ブレッドをブレットが・・・・。みなさん真剣に取り組み、素敵なトッピングをされて美味しそうに仕上がっていました。沢山作ったのでお土産をご家族へ。
ランチは、残念ながらハリーポッターに出てくるようなrefectoryで食べることが出来なかったのですが、pubの二階を貸し切ってバイキングスタイルでいただきました。最後のケーキが美味しくておかわりしてしまいました。
バグパイプの生演奏をサプライズで見られて本当にラッキーでした。
最後のManor Houseのツアーは、ドラマのロケで使われていた図書室に大興奮!今までクールに決めていたYくんが“テンションあがる!”と言った瞬間、その豹変ぶりに驚いてしまいました。
マナーハウスは、マナーを教えてもらう建物だと思っていたかた。実は、manorは荘園領主の館を意味します。お忘れなきよう。

British Hills on Sunday 1st July

Last Sunday I went with 18 other people on our annual school trip to British Hills. Our group left Aizu in four cars and I thought the drive through the Fukushima countryside south of Aizu was very pleasant. It only took just over an hour to reach our destination.
There were three main activities on our schedule that day which were a lecture/introduction to British Hills, a cooking lesson and a tour of the Manor House. The guides and instructors for these activities were all native speakers of English and they spoke only in English so it was good language practise for our students outside the classroom. Apart from these activities we enjoyed a buffet-style lunch upstairs in the British Hills pub while listening to a piper playing the bagpipes and explaining some aspects of Scottish culture.
One of the most interesting moments for me was during the lecture/introduction to British Hills. Towards the end of the presentation, the speaker asked three junior high school second year girls standing near him some very simple questions in English. Questions such as “What’s your name?” “How old are you?”
One of the girls, N san, has been studying at our school, mostly on a one hour a week basis, for about 4 years. I was pleased to note that she quickly gave appropriate answers to his simple questions. On the other hand, the other two girls, R san and R san, could not answer any of the simple questions and did not speak any English. They just giggled nervously and looked away.
Needless to say, R san and R san do not study English at our school. They came along with N san because all three girls are good friends at the same junior high school.

At that moment I felt very proud of our teachers and especially Maeko Kato who has spent the most time teaching N san. It was such a clear demonstration of the effectiveness of the English education our students receive. WEC students practise all four skills in meaningful ways on a regular basis and as a result, our

better and brighter young students can produce English in both spoken and written forms and have the confidence

to do so. Well done N san! Well done WEC teachers!

IMG_0497 (400x300)

Last Sunday I went with 18 other people on our annual school trip to British Hills. Our group left Aizu in four cars and I thought the drive through the Fukushima countryside south of Aizu was very pleasant. It only took just over an hour to reach our destination.

There were three main activities on our schedule that day which were a lecture/introduction to British Hills, a cooking lesson and a tour of the Manor House. The guides and instructors for these activities were all native speakers of English and they spoke only in English so it was good language practise for our students outside the classroom. Apart from these activities we enjoyed a buffet-style lunch upstairs in the British Hills pub while listening to a piper playing the bagpipes and explaining some aspects of Scottish culture.

One of the most interesting moments for me was during the lecture/introduction to British Hills. Towards the end of the presentation, the speaker asked three junior high school second year girls standing near him some very simple questions in English. Questions such as “What’s your name?” “How old are you?”

One of the girls, N san, has been studying at our school, mostly on a one hour a week basis, for about 4 years. I was pleased to note that she quickly gave appropriate answers to his simple questions. On the other hand, the other two girls, R san and R san, could not answer any of the simple questions and did not speak any English. They just giggled nervously and looked away.

Needless to say, R san and R san do not study English at our school. They came along with N san because all three girls are good friends at the same junior high school.

At that moment I felt very proud of our teachers and especially Maeko Kato who has spent the most time teaching N san. It was such a clear demonstration of the effectiveness of the English education our students receive. WEC students practise all four skills in meaningful ways on a regular basis and as a result, our better and brighter young students can produce English in both spoken and written forms and have the confidence to do so. Well done N san! Well done WEC teachers!

Windmill卒業!!

先週末、10年近く通ってくれていた高校生のS君が、大学受験のためにWindmillを卒業しました。私がWECで働き始めた頃からずーっと教えてきた生徒さんだったので、本当に本当に寂しいです(;_;)
毎年、小学生や中学生だった子供たちが大学受験や大学の合格で会津を離れWindmillを卒業していく度に、寂しくもあり、誇らしくもあり、あぁー、みんなお兄ちゃんお姉ちゃんになったのねぇ。。。と実感致します。その分自分も年とってるんですねー(笑)
Windmillは、長く通ってくださっている生徒さんがたくさんいらっしゃいます。私は今年で勤務7年目なのですが、働き始めた頃は幼児クラスに居た子たちも、今ではもう小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんです。その子達が同じように大学や就職でWindmillを卒業するころには・・・私は一体何歳になっているんだろう。
いや、考えるのはやめよう(笑)

何はともあれ、ずっと通ってくださっている生徒の皆さん、英語が話せるようになりたくて当校を選んで通い始めてくださった皆さんに、改めて本当

に感謝ですね。

これからもよろしくお願いします♪July 5th

July 5th

先週末、10年近く通ってくれていた高校生のS君が、大学受験のためにWindmillを卒業しました。私がWECで働き始めた頃からずーっと教えてきた生徒さんだったので、本当に本当に寂しいです(;_;)

毎年、小学生や中学生だった子供たちが大学受験や大学の合格で会津を離れWindmillを卒業していく度に、寂しくもあり、誇らしくもあり、あぁー、みんなお兄ちゃんお姉ちゃんになったのねぇ。。。と実感致します。その分自分も年とってるんですねー(笑)

Windmillは、長く通ってくださっている生徒さんがたくさんいらっしゃいます。私は今年で勤務7年目なのですが、働き始めた頃は幼児クラスに居た子たちも、今ではもう小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんです。その子達が同じように大学や就職でWindmillを卒業するころには・・・私は一体何歳になっているんだろう。

いや、考えるのはやめよう(笑)

何はともあれ、ずっと通ってくださっている生徒の皆さん、英語が話せるようになりたくて当校を選んで通い始めてくださった皆さんに、改めて本当に感謝ですね。

これからもよろしくお願いします♪

いよいよ明日

 いよいよ明日

まだまだ先だと思っていた、British Hillsへのスクールトリップが、いよいよ明日に迫りました。
  

 
 今回の参加者は18名。様々な年齢のかたが参加されます。Cooking の説明が全て英語なので、募集をかけるときに、小学校4年生以上という条件を付けていますが、ご興味のあるかたは是非一緒に行いたいと思いますので、次回ご参加下さい。

 
 まず、現地に到着後、施設を案内していただきます。
迷子にならないように。

 その後はshortbreadを作ります。全て英語での説明ですが、先生がモデルになってきちんと教えてくださるので心配はいりません。焼き上がりが楽しみですね。お土産に持ち帰れるので、おうちの方は楽しみにしていてください。

 お昼はパブでの貸し切りだとか。ブッフェスタイルの美味しいランチを楽しみましょう。

 お腹一杯になったところで、マナーハウスを案内して頂きます。
2階のlibraryは、今にも松潤が出てきそうなところで、一見の価値あり。
King&Queenのお部屋でセレブ気分を味わいましょう。Wの悲劇を見ていた方は、和辻まこになったつもりでお嬢様ごっこをしましょう。

 明日のお天気は、イギリスらしく午後は☂だそうです。
 そのへんも一緒に楽しみましょうね!

Rebar, please

reba

The other day as I was taking my daughter Sophie to a local supermarket, she smelled “yakitori” being grilled in a small van parked in front of the store. She turned round to me and said, “Daddy, yakitori, please” so I approached the man running the stall and asked for 3-4 different types of “yakitori” including one skewer of grilled liver.
Unfortunately my Japanese pronunciation was not very good when I placed my order because he didn not understand my request for one skewer of grilled liver. After a minute or so he began to realize what I wanted and gave me a little impromptu pronunciation lesson. He said “riber?…riber?… Oh, you mean rebar!
“Yes, yes, “rebar” please!” I said. So why did I make this pronunciation mistake? Because I was thinking in English and trying to say the English word “liver” in a way which sounded Japanese so I said something like “ribar” and not “rebar”. I need more Japanese practice!

How would you pronounce the following pairs of words? (n.b. some are fictitious words!)

1. river / ribber                     2. liver / river                  3. labour / rebar

A Dutch Lesson

A Dutch lesson was one of the most memorable parts of a teacher training course I took many years ago at the British Council, Bogota, Colombia when I was a young, inexperienced teacher.
The course is now known as the Cambridge ESOL CELTA course which leads to a basic but very practical and useful teaching qualification called “The Certificate of English Language Teaching to Adults” for those who pass it.
The lesson in Dutch was taught by Catherine, one of the teachers at that time at the British Council in Bogota. She only spoke Dutch throughout the 60-minute lesson. She did not speak a word of English. I thought it was a lot of fun and I enjoyed it greatly as did all the other trainee teachers except for one woman and by the end of the lesson, we could say simple greetings and make some simple sentences in Dutch. Catherine used a lot of gestures and picture cue cards to present the target language, and then to get us to repeat and practise the language. I think she did an excellent job teaching us.

Why did we have a lesson to learn Dutch, the language spoken in the Netherlands or Holland, when we were learning how to teach English?

The reason for doing this exercise was to make us realize how it feels to be a student being taught a foreign language only using that foreign language. Teachers of English as a foreign language working in language schools in the UK or other English-speaking countries have mixed nationality classes. In a classroom in England there may well be Russian students, Chinese students, Brazilian students, Spanish students, Turkish students, Thai students, Japanese students, Italian students, Saudi Arabian students etc. Clearly the teacher cannot use the students’ own languages in that class! Therefore these classes have to be taught only in English.
In Japan, however, 99.99% of my students are Japanese. Even so, teaching English in English is excellent preparation for the time when these students want to or need to communicate with non-Japanese speakers in English. Using a little Japanese may help in some cases to clarify meaning quickly but extensive use of Japanese in an English lesson will automatically reduce the students’ exposure to and practice of English. It also makes the students believe that they do not need to listen or read English carefully because a Japanese explanation will follow. I personally think it is also rather lazy and unimaginative for a teacher of English to constantly rely on translation to explain meaning.
Skilled, professional teachers like Catherine can teach a foreign language very well only using that language.

However, there was one student in our group who could not understand or produce the target language that Catherine was teaching. When I saw this student’s problems, it made me think that there are some students who cannot cope with the mental exercise and stimulation of learning in a foreign language.
Sometimes when teaching in Aizu, we come across students who cannot cope with being taught almost exclusively in English. Maybe these students would prefer to learn English with a teacher speaking Japanese to them frequently. I think this is unfortunate because that style of teaching obviously reduces the chances of a student becoming a fluent and confident speaker of English.
After all, surely the purpose of learning English should be to enable students to use the language confidently to communicate.

海外で活躍するサッカー日本代表

久しぶりのサッカーネタです。Wカップアジア最終予選にて、勝ち点7で現在トップの日本代表チーム。あと1年をかけて、home&away 方式で戦って行きます。2014年大会もブラジルで代表選手を見られたらいいですね。
そんな日本代表の選手23名中、海外のクラブで活躍しているのはなんと半数近くの10名。その国も様々で、England,Holland,Italy,Germany,Russia,Belgium の実に6ヶ国に及んでいます。Kingの時代からサッカーをこよなく愛する世代にとっては、日本人が海外でプレーするなんて夢のような話でした。今では、当たり前のように飛んで行ってしまっています。
その中でBelgiumに移籍した川島選手が、先日TV出演した際に、こんなことを話していました。“ベルギーにはベルギー語があって、それはオランダ語(世界で一番難しいとされている。)にとても似ている。しかし、クラブ内ではベルギー語が飛び交っているのではなく、様々な国の選手がいるので、共通語は英語だ”と。そうなのです。前にも書きましたが、英語は地球語なのです。どのような国に行っても、英語が話せればコミュニケーションがとれるのです!
まあ、もっともオランダ語は無声音のハーが多いみたいで、それを大観衆の中では聞こえにくいという理由もあるようですが。
香川選手はベッカムもプレーしたあのManchester Unitedに移籍が決まり、今、メディカルチェックを受けている最中です。Intelの長友選手もそうですが、超big clubで日本人が活躍するなんて本当に嬉しい限りです。
超余談ですが、来週の水曜日に私もメディカルチェック、いや、特定健康診断を受けます。“これでOKなら、ママもbig clubに移籍だね。”と娘のコメント。親バカですが、witに富んだジョークだと思いませんか?
海外で活躍する日本人
久しぶりのサッカーネタです。Wカップアジア最終予選にて、勝ち点7で現在トップの日本代表チーム。あと1年をかけて、home&away 方式で戦って行きます。2014年大会もブラジルで代表選手を見られたらいいですね。
そんな日本代表の選手23名中、海外のクラブで活躍しているのはなんと半数近くの10名。その国も様々で、England,Holland,Italy,Germany,Russia,Belgium の実に6ヶ国に及んでいます。Kingの時代からサッカーをこよなく愛する世代にとっては、日本人が海外でプレーするなんて夢のような話でした。今では、当たり前のように飛んで行ってしまっています。
その中でBelgiumに移籍した川島選手が、先日TV出演した際に、こんなことを話していました。“ベルギーにはベルギー語があって、それはオランダ語(世界で一番難しいとされている。)にとても似ている。しかし、クラブ内ではベルギー語が飛び交っているのではなく、様々な国の選手がいるので、共通語は英語だ”と。そうなのです。前にも書きましたが、英語は地球語なのです。どのような国に行っても、英語が話せればコミュニケーションがとれるのです!
まあ、もっともオランダ語は無声音のハーが多いみたいで、それを大観衆の中では聞こえにくいという理由もあるようですが。
香川選手はベッカムもプレーしたあのManchester Unitedに移籍が決まり、今、メディカルチェックを受けている最中です。Intelの長友選手もそうですが、超big clubで日本人が活躍するなんて本当に嬉しい限りです。
超余談ですが、来週の水曜日に私もメディカルチェック、いや、特定健康診断を受けます。“これでOKなら、ママもbig clubに移籍だね。”と娘のコメント。親バカですが、witに富んだジョークだと思いませんか?
Top