School Events

先日、WECの春のパーティーが居酒屋さんで行われました。
普段お目にかかれない大人の生徒さんや、企業の方々にお会いでき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。勿論、普段お世話になっている方々とも交流をはかれたので大変意義のあるものでした。
昨年の秋にはバーベキュー大会を開催しました。春の震災以来、いろいろなイベントがキャンセルになっていたので、待ちに待ったというかんじでした。
今年は、イベントが目白押しです。
✩4月29日(日)10:30〜お花見パーティー
食べ物を持ち寄りします。公園なので小さいお子様も楽しめます。
✩7月1日(日)ブリティッシュヒルズツアー
リニューアルしたブリヒルにご一緒しましょう。
✩7月29日(日)〜8月6日(月)ハワイツアー
一昨年好評でしたハワイツアー第2弾です。常夏の島で海や語学キャンプ
を楽しみませんか?
✩9月30日(日)BBQ パーティー
去年に引き続き開催致します。秋の美味しい空気も一緒に楽しみましょう。
✩12月2日(日)クリスマス発表会
今年最大のイベントかもしれません。今からドキドキです!
来週、リニューアルしたブリヒルにご招待で見学&お泊りしてきます。
イビキでリエちゃんに迷惑かけないように気を付けます

先日、WECの春のパーティーが居酒屋さんで行われました。

普段お目にかかれない大人の生徒さんや、企業の方々にお会いでき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。勿論、普段お世話になっている方々とも交流をはかれたので大変意義のあるものでした。

昨年の秋にはバーベキュー大会を開催しました。春の震災以来、いろいろなイベントがキャンセルになっていたので、待ちに待ったというかんじでした。

今年は、イベントが目白押しです。

✩4月29日(日)10:30〜お花見パーティー

食べ物を持ち寄りします。公園なので小さいお子様も楽しめます。

✩7月1日(日)ブリティッシュヒルズツアー

リニューアルしたブリヒルにご一緒しましょう。

✩7月29日(日)〜8月6日(月)ハワイツアー

一昨年好評でしたハワイツアー第2弾です。常夏の島で海や語学キャンプ

を楽しみませんか?

✩9月30日(日)BBQ パーティー

去年に引き続き開催致します。秋の美味しい空気も一緒に楽しみましょう。

✩12月2日(日)クリスマス発表会

今年最大のイベントかもしれません。今からドキドキです!

お花見

来週、リニューアルしたブリヒルにご招待で見学&お泊りしてきます。

イビキでリエちゃんに迷惑かけないように気を付けます

Happy Birthday!

今年は、桜の開花が遅れていて、なかなか春が来ないような今日このごろですが、皆さん如何お過ごしですか?
春の訪れは、少し先のようですが、先に来てしまったものがあります。そう、○○回目のお誕生日!小さい頃、4月5日といえばいつも春休み中で、しかも新しいクラスの人と知り合う前なので、お誕生日プレゼントになかなかありつけない不幸な境遇にあったことを記憶しています。それに、ある年を堺に、誕生日が来ることが恐ろしくなってきたのですが、ここウインドミルのスタッフになってから、それが楽しみで・・・。そう、どこからともなく♫Happy Birthday to you!の歌が奏でられ、プレゼントが渡されるという仕組み。一日だけ、お姫様気分に浸れる素敵な日に早変わり。
今年も↑のケーキを頂きました。本当に美味しい!見事にホール喰い完了!
その他にプレゼントは、スマホのカバーと、来客用のスリッパを頂きました。事前にリクエストを聞いて下さるので、3月になると欲しいもののリストアップが始まります。一昨年は、お顔のシェーバーとエプロン、昨年はヘアアイロンを頂きました。本当に幸せですね!
こんな歳になって、お誕生日が嬉しいなんてちょっと微妙かもしれませんが、
4月はちょっと浮かれさせてください。でも、くれぐれも“いくつになったの?”だけは禁止です。
誕生日今年は、桜の開花が遅れていて、なかなか春が来ないような今日このごろですが、皆さん如何お過ごしですか?
春の訪れは、少し先のようですが、先に来てしまったものがあります。そう、○○回目のお誕生日!小さい頃、4月5日といえばいつも春休み中で、しかも新しいクラスの人と知り合う前なので、お誕生日プレゼントになかなかありつけない不幸な境遇にあったことを記憶しています。それに、ある年を堺に、誕生日が来ることが恐ろしくなってきたのですが、ここウインドミルのスタッフになってから、それが楽しみで・・・。そう、どこからともなく♫Happy Birthday to you!の歌が奏でられ、プレゼントが渡されるという仕組み。一日だけ、お姫様気分に浸れる素敵な日に早変わり。
今年も↑のケーキを頂きました。本当に美味しい!見事にホール喰い完了!
その他にプレゼントは、スマホのカバーと、来客用のスリッパを頂きました。事前にリクエストを聞いて下さるので、3月になると欲しいもののリストアップが始まります。一昨年は、お顔のシェーバーとエプロン、昨年はヘアアイロンを頂きました。本当に幸せですね!
こんな歳になって、お誕生日が嬉しいなんてちょっと微妙かもしれませんが、
4月はちょっと浮かれさせてください。でも、くれぐれも“いくつになったの?”だけは禁止です。

"英語と文化を学ぶ理想的な環境です”

eastereggs

Easter (イースター) とは?

日本ではあまり馴染みがないとは思いますが、英語圏の国々ではハロウィン、クリスマスと同じくらい の大イベント&祝日でみんなでお祝いします。Easter (イースター) はキリスト教の、復活祭の日のことです。

復活祭とは、一度死んだイエス キリストが復活した日であり、そのお祝いのことです。   生命の復活をお祝いするという意味から、卵 (イースターエッグ) や多くの子供を持つウサギ (イースターバニー) などが シンボルとなっています。

Easter (イースター) っていつ?

Easter (イースター) は、毎年日付が変わります。 3 月 22 日 ~ 4 月 25 日の間の日曜日になります

Easter (イースター) って何するの ?

Easter (イースター) が近づくと、イースターのシンボルである卵 (イースターエッグ) やウサギ (イースターバニー) に関連する 飾りつけをしたり、エッグのカラリングやクラフトをしたり、ゲームをしたりして楽しみます。一番のイベントといえばエッグハントです。

Egg Hunt (エッグハント) って何 ?

Egg Hunt (エッグハント) とは、イースターのメインイベントで、プラスチックのカラフルな卵の中に お菓子やおもちゃが入ったものを、庭や公園の芝生などに隠し、それを子供たちが探すといった遊びです。   学校やチャーチで開催されたり、 City の レクリエーションセンターで行われたりもします。参加する子供たちは、パステルカラーのドレスや洋服を身にまとい、エッグを入れるバスケットを持って エッグをハントして楽しみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウインドミルでも今週はイースターのカルチャーを幼児~小学生クラスに取り入れております。

英会話の取得のみならず、こういった季節季節の英語圏の行事も取り入れて、お子様が色々な国のカルチャーを学べると良いな、と思っております。

“英語と文化を学ぶ理想的な環境です”

がWECのモットーでもありますので!

エッグハンティング用のエッグチョコもご用意してあります☆

絵本でイースターのご紹介もしていきます。

easter

Improvements to Classroom One

Last week we had a large 32V flat-screen TV installed in Classroom One at the Windmill English Centre in Nakajima Machi. It replaced a smaller computer monitor. Now it is easier for our students to see photos, watch videos and read text from the internet on this much larger screen.
Using the internet allows teachers to supplement course books and add to the intrinsic interest of the topics and language presented and practised. Naturally, teachers at the Windmill English Centre are expected to preview any internet material before using it in a class to make sure it is suitable for use in an ELT (English language teaching) classroom and then to plan ways of how to use the material in an effective and interesting way to teach particular language functions or structures or whatever cultural issue is being presented and taught.
All three classrooms in our Nakajima school have internet access and we are continuously upgrading  our school facilities and the materials we use as well as a developing the teaching skills of our full-time and part-time teachers of English.

moni

Last week we had a large 32V flat-screen TV installed in Classroom One at the Windmill English Centre in Nakajima Machi. It replaced a smaller computer monitor. Now it is easier for our students to see photos, watch videos and read text from the internet on this much larger screen.

Using the internet allows teachers to supplement course books and add to the intrinsic interest of the topics and language presented and practised. Naturally, teachers at the Windmill English Centre are expected to preview any internet material before using it in a class to make sure it is suitable for use in an ELT (English language teaching) classroom and then to plan ways of how to use the material in an effective and interesting way to teach particular language functions or structures or whatever cultural issue is being presented and taught.

All three classrooms in our Nakajima school have internet access and we are continuously upgrading  our school facilities and the materials we use as well as a developing the teaching skills of our full-time and part-time teachers of English.

Measuring Progress

One evening this week when I was teaching a group of eight stronger elementary level students, I gave them a short listening test. All they had to do was listen to 12 simple questions on a particular track from their English course CD and write 12 simple short answers. Although they were basic Wh or Yes/No questions containing the words “is / was” “are / were” “can / could” they were spoken at a natural speed by a native speaker.
This particular group consists of 4 students who have studied practical English with me once a week since October 2010 (i.e. 5 hours a month x 18 months or approximately 90 hours of practice) and 4 other students who joined this group in October 2011 after taking a TOEIC Bridge placement test. These 4 students have had just under 30 hours of practical English lessons with me.
The results of this listening test were very interesting. There was a very noticeable gap between the scores of the two sub-groups. Those students who have studied 90 hours of English achieved much higher scores than those students who have only studied 30 hours. I like to think that this shows the value and effectiveness of the practical English lessons which they are taking. I also think it shows the lack of exposure to basic English spoken fluently of the students who have only studied for about 30 hours. I hope those 4 students who did not achieve high marks in this test will realize that they should also have equally good listening skills after another 60 hours or so of practical and active English classes.

One evening this week when I was teaching a group of eight stronger elementary level students, I gave them a short listening test. All they had to do was listen to 12 simple questions on a particular track from their English course CD and write 12 simple short answers. Although they were basic Wh or Yes/No questions containing the words “is / was” “are / were” “can / could” they were spoken at a natural speed by a native speaker.

This particular group consists of 4 students who have studied practical English with me once a week since October 2010 (i.e. 5 hours a month x 18 months or approximately 90 hours of practice) and 4 other students who joined this group in October 2011 after taking a TOEIC Bridge placement test. These 4 students have had just under 30 hours of practical English lessons with me.

The results of this listening test were very interesting. There was a very noticeable gap between the scores of the two sub-groups. Those students who have studied 90 hours of English achieved much higher scores than those students who have only studied 30 hours. I like to think that this shows the value and effectiveness of the practical English lessons which they are taking. I also think it shows the lack of exposure to basic English spoken fluently of the students who have only studied for about 30 hours. I hope those 4 students who did not achieve high marks in this test will realize that they should also have equally good listening skills after another 60 hours or so of practical and active English classes.

Blog entry 9/3/12

It’s been a while…
As I mentioned in my earlier blog, I am going to be a father… very soon!  How time flies.  We now know that it will be a boy and it is growing bigger and bigger every day.  I still have no idea about names so if anyone has any suggestions I would appreciate your input!
One thing that is so great about working at the Windmill school is the huge amount of resources we have at this school.  The books we use and have access to are the very same books I saw when I was teaching in England at some very big and established international schools in Cambridge.  These schools had over 20 teachers but WEC has the same amount of books available and the extra pictures, cards and worksheets we have here are much better than those that were available in England.  I am very proud to work in such an environment because it means we can provide the highest level of education and the best textbooks in the world. It makes my life as a teacher so much easier when I have such good books to work with.
It’s almost spring time and I am so happy it is getting warmer again though I am still very worried about influenza as many of our students are still coming down with it. Please look after yourselves and let’s all enjoy the changing season together!

It’s been a while…

As I mentioned in my earlier blog, I am going to be a father… very soon!  How time flies.  We now know that it will be a boy and it is growing bigger and bigger every day.  I still have no idea about names so if anyone has any suggestions I would appreciate your input!

One thing that is so great about working at the Windmill school is the huge amount of resources we have at this school.  The books we use and have access to are the very same books I saw when I was teaching in England at some very big and established international schools in Cambridge.  These schools had over 20 teachers but WEC has the same amount of books available and the extra pictures, cards and worksheets we have here are much better than those that were available in England.  I am very proud to work in such an environment because it means we can provide the highest level of education and the best textbooks in the world. It makes my life as a teacher so much easier when I have such good books to work with.

It’s almost spring time and I am so happy it is getting warmer again though I am still very worried about influenza as many of our students are still coming down with it. Please look after yourselves and let’s all enjoy the changing season together!

Team Teaching

team teaching

私に後輩ができました!今、WECで研修中のShelahさんです。

彼女は全く英語の先生になるなんて考えもしていなかったのにこうなるなんて、運命の糸ってどこかに存在して、うまく絡んでその人の道を誘ってくれるような気がします。そう、彼女はTOEICの勉強をするためにWECの門をたたいたのです。それが、トントン拍子に話が進んで、5月から幼稚園で楽しいレッスンを展開して下さる予定です。

それで先日彼女と一緒に、私がお世話になっている、ある保育園に、アシスタントとして同行してもらいました。その保育園では年少さん30分、年中・年長さんも30分ずつのレッスンで、彼女がこれから行うものと全く同じ環境だったので、実践的だと思いました。

ペアで教えるというのは全く初めての経験でしたが、楽しいことに気がついてしまったのです。お互いが足りない部分をカバーし、声も2倍なので楽しさ倍増!子供さんたちも2倍褒めてもらえるのが嬉しかったみたいです。よく、グループで活動していた歌手が、ソロになったときにすごく不安だということを聞いたことがありますが、(山Pか?)まさにその逆バージョン。

しかしながら、彼女のビッグスマイルと、大きな通る声は、もはやアシスタントの領域を超えていました。このままでやっていけるだろうという、先輩としての評価と共に、負けていられないぞという刺激を受けた一日でした。

終わってからあるところで食事をしました。そこは確か月曜日お休みだったような気がしたので、もしやっていなかったら、別な所でと考えていたところ、なんと!営業中でテンション上がりまくりです。やはり彼女は“持っている”んです。あやかって、これから私も精進していかなければならないと思いました。

KET & PET exams

I am really pleased to be able to offer people in the Aizu area and in the larger Tohoku district of Japan the chance to take Cambridge ESOL exams. In my career as an English teacher stretching back all the way to 1984, I have not come across any better examinations of all four English skills so obviously I have great respect for the Cambridge ESOL exams.

On Saturday May 19th we will be holding the KET & PET examinations, for which the deadline for applications is April 14th

Did you know that exactly the same examinations will also be held on May 19th in reputable language schools and institutions all over the world? This is because Cambridge ESOL exams are international standard exams taken at over 2700 exam centres in over 130 different countries.
Both KET (Key English Test for pre-intermediate level students) and PET (Preliminary English Test for intermediate level students) have three papers testing four skills equally. They are:

Paper 1: Reading & Writing
Paper 2: Listening
Paper 3: Speaking

I think it is very interesting to note that the speaking tests are carried out by two Cambridge ESOL certified oral examiners, who must be native (or native speaker level) English speakers, educated to a minimum of degree level and with a minimum number of years of relevant teaching experience. In the speaking test, two candidates are interviewed at the same time and have to be able to interact and communicate not only with one of the oral examiners but also with each other to complete certain tasks.
All exam papers are sent to Cambridge ESOL in the UK to be marked and processed which then issues official certificates.
After seeing some rather strange, unnatural, unbalanced, mediocre and even patronizing English exams produced by some Japanese institutions, it is such a relief and a pleasure for professional English teachers to witness the accurate assessment of English skills made possible by taking Cambridge ESOL exams.

会津、東北地方の方々にケンブリッジESOL検定を受験して頂く機会を提供できること嬉しく思っております。
私の英語講師としてのキャリアは1984年までさかのぼりますが、私はこれほどまでに4つの英語のスキルを客観的に試験をする検定をケンブリッジ検定以外で見たことがありません。
5月19日土曜日に、この検定のKETとPETのレベルのしけんがありますが、その締切が4月14日となっております。

世界中で、標準的な言語学校や施設で5月19日一斉に行われるのを知っていましたか?ケンブリッジ検定は世界基準の試験で130以上の異なる国が2700を超える試験会場で行われるのです。

KETもPETも4つのスキルを均等にテストする3つの試験からなっています。
1、 リーディング、ライティング
2、 リスニング
3、 スピーキング

特筆すべきは、このスピーキングテストは二人の認定された試験官によって行われるということです。彼らはネイティブ、もしくはそれ同等のレベルの方々で、ある程度の学歴、数年の教職経験を持っていなければなりません。
またスピーキングテストでは、2人ずつ同時にインタビューされ、試験官とだけではなく、受験者同士互いに意見交換やコミュニケーションができなくてはいけません。

これらの試験は、試験終了後イギリスにあるケンブリッジESOLに送られ、採点されます。

日本の団体によって作られた、妙で、不自然で、偏って、二流でおんきせがましい試験がありますが、
ケンブリッジ検定を受けることによって英語の技術を正確に評価されるので、この検定を持っているということはプロの英会話講師にとって安心かつ喜びなのです。

英検面接試験吉報!

interview

本日、ウインドミルに2月19日に行われた英検面接試験の結果が届きました!

結果は・・・・・・

受験者全員合格です! それも高得点で!

WECの英検クラスを取っている生徒さんのうち、約8割以上の生徒さんが

英会話クラスも併用して取ってくださっています。

そういう長い間の会話練習の積み重ねが面接合格の大切なポイントの一つです。

会話慣れしている方と、まったく会話慣れしていない方では、当たり前ですが

聞いてみるとすぐ分かります。

受け付けのRie も今回、2級の1次に合格し、先日も彼女のブログにもあったように2次を受験しました。

そしてなんと、満点で合格しました!

満点って、なかなか取れないのですよ~

WECではレセプションにおいての会話は、生徒さんに対しても、また先生同士・受付においても可能な限り英語を使用することにしています。

少しでも多くの英語を皆様に聞いて頂きたいし、お話して頂きたいからです。

Rieも積極的に英語をつかって皆さんに話しかけるようにしてくれています☆

このような努力がきっと今回の素晴らしい成果となって現れたのでしょう。

Congratulations, Rie and also everyone who passed Step Eiken interview test!

高速バス珍道中 with Maeko

illust1832

先週の金曜日、東京で大学受験に励む息子を応援するため、上京しました。その日、同僚の麻恵子先生も東京に行くことを聞いていたので、もしかして、同じくレッスン終了後の夜行バス?と思い、聞いてみたら、やはり同じバスでした。そこからが二人の珍道中のはじまり、はじまり・・・・。

 アレックス先生が心配していたとおり、私たちは寝るなんてもったいなく、ほとんどおしゃべり、ガールズ(?)トークです。周りの方がたごめんなさい!

まず、天然まえちゃんのオープニングはトイレの手を洗う水道から。自動手洗いに慣れている彼女は、手をかざしても出てこない水に、“凍結しているのかな?”と思ったそうですが、実は手動でした!それを嬉しそうに報告する彼女になぜか癒される・・・。

次に驚かされたのは、バスの車内は掃除がされていて、シートベルトもはまった状態になっていました。そうしたら、お客さんって体ごとすり抜けて出るのですねって言っていましたが、本気ではないですよね?

あまりに寝られなくて困っていたら、マッサージをすれば血流がよくなって寝られますよってことで、プロ並みのマッサージをして頂いたのですが、逆に目が冴えてしまい、ますます寝られなくなってしまいました。

 一番の驚きは、どこかのSAで休憩を取ったあと、シートベルトをはめようと思ったら全然入らなくて、何度も何度もトライしたのですが、結局はまらず、ハーン、原因は彼女だと思い、ベルトの確認をしようとしたら、“急に太ったんじゃないんですか?”とのレス。いやいや、もともと太っているのは認めますが、この何時間の中で食べたのは、あなたに頂いたレモンキャンディー2個だけですから。やっぱり彼女のベルトと交錯していて、逆になっていたためはまらなかっただけの話でした。

こんなまえちゃんですが、英語の先生として本当にrespectしています!常によりよいレッスンのためにいろいろ考えて実行に移していて、学ぶことばかりです。先生を始めた頃は、周りが何を言っているか理解できなかったそうですが、そんな時代があったとは思えない英語力!これからもよろしくね!

Top