いよいよ明日

 いよいよ明日

まだまだ先だと思っていた、British Hillsへのスクールトリップが、いよいよ明日に迫りました。
  

 
 今回の参加者は18名。様々な年齢のかたが参加されます。Cooking の説明が全て英語なので、募集をかけるときに、小学校4年生以上という条件を付けていますが、ご興味のあるかたは是非一緒に行いたいと思いますので、次回ご参加下さい。

 
 まず、現地に到着後、施設を案内していただきます。
迷子にならないように。

 その後はshortbreadを作ります。全て英語での説明ですが、先生がモデルになってきちんと教えてくださるので心配はいりません。焼き上がりが楽しみですね。お土産に持ち帰れるので、おうちの方は楽しみにしていてください。

 お昼はパブでの貸し切りだとか。ブッフェスタイルの美味しいランチを楽しみましょう。

 お腹一杯になったところで、マナーハウスを案内して頂きます。
2階のlibraryは、今にも松潤が出てきそうなところで、一見の価値あり。
King&Queenのお部屋でセレブ気分を味わいましょう。Wの悲劇を見ていた方は、和辻まこになったつもりでお嬢様ごっこをしましょう。

 明日のお天気は、イギリスらしく午後は☂だそうです。
 そのへんも一緒に楽しみましょうね!

Rebar, please

reba

The other day as I was taking my daughter Sophie to a local supermarket, she smelled “yakitori” being grilled in a small van parked in front of the store. She turned round to me and said, “Daddy, yakitori, please” so I approached the man running the stall and asked for 3-4 different types of “yakitori” including one skewer of grilled liver.
Unfortunately my Japanese pronunciation was not very good when I placed my order because he didn not understand my request for one skewer of grilled liver. After a minute or so he began to realize what I wanted and gave me a little impromptu pronunciation lesson. He said “riber?…riber?… Oh, you mean rebar!
“Yes, yes, “rebar” please!” I said. So why did I make this pronunciation mistake? Because I was thinking in English and trying to say the English word “liver” in a way which sounded Japanese so I said something like “ribar” and not “rebar”. I need more Japanese practice!

How would you pronounce the following pairs of words? (n.b. some are fictitious words!)

1. river / ribber                     2. liver / river                  3. labour / rebar

A Dutch Lesson

A Dutch lesson was one of the most memorable parts of a teacher training course I took many years ago at the British Council, Bogota, Colombia when I was a young, inexperienced teacher.
The course is now known as the Cambridge ESOL CELTA course which leads to a basic but very practical and useful teaching qualification called “The Certificate of English Language Teaching to Adults” for those who pass it.
The lesson in Dutch was taught by Catherine, one of the teachers at that time at the British Council in Bogota. She only spoke Dutch throughout the 60-minute lesson. She did not speak a word of English. I thought it was a lot of fun and I enjoyed it greatly as did all the other trainee teachers except for one woman and by the end of the lesson, we could say simple greetings and make some simple sentences in Dutch. Catherine used a lot of gestures and picture cue cards to present the target language, and then to get us to repeat and practise the language. I think she did an excellent job teaching us.

Why did we have a lesson to learn Dutch, the language spoken in the Netherlands or Holland, when we were learning how to teach English?

The reason for doing this exercise was to make us realize how it feels to be a student being taught a foreign language only using that foreign language. Teachers of English as a foreign language working in language schools in the UK or other English-speaking countries have mixed nationality classes. In a classroom in England there may well be Russian students, Chinese students, Brazilian students, Spanish students, Turkish students, Thai students, Japanese students, Italian students, Saudi Arabian students etc. Clearly the teacher cannot use the students’ own languages in that class! Therefore these classes have to be taught only in English.
In Japan, however, 99.99% of my students are Japanese. Even so, teaching English in English is excellent preparation for the time when these students want to or need to communicate with non-Japanese speakers in English. Using a little Japanese may help in some cases to clarify meaning quickly but extensive use of Japanese in an English lesson will automatically reduce the students’ exposure to and practice of English. It also makes the students believe that they do not need to listen or read English carefully because a Japanese explanation will follow. I personally think it is also rather lazy and unimaginative for a teacher of English to constantly rely on translation to explain meaning.
Skilled, professional teachers like Catherine can teach a foreign language very well only using that language.

However, there was one student in our group who could not understand or produce the target language that Catherine was teaching. When I saw this student’s problems, it made me think that there are some students who cannot cope with the mental exercise and stimulation of learning in a foreign language.
Sometimes when teaching in Aizu, we come across students who cannot cope with being taught almost exclusively in English. Maybe these students would prefer to learn English with a teacher speaking Japanese to them frequently. I think this is unfortunate because that style of teaching obviously reduces the chances of a student becoming a fluent and confident speaker of English.
After all, surely the purpose of learning English should be to enable students to use the language confidently to communicate.

海外で活躍するサッカー日本代表

久しぶりのサッカーネタです。Wカップアジア最終予選にて、勝ち点7で現在トップの日本代表チーム。あと1年をかけて、home&away 方式で戦って行きます。2014年大会もブラジルで代表選手を見られたらいいですね。
そんな日本代表の選手23名中、海外のクラブで活躍しているのはなんと半数近くの10名。その国も様々で、England,Holland,Italy,Germany,Russia,Belgium の実に6ヶ国に及んでいます。Kingの時代からサッカーをこよなく愛する世代にとっては、日本人が海外でプレーするなんて夢のような話でした。今では、当たり前のように飛んで行ってしまっています。
その中でBelgiumに移籍した川島選手が、先日TV出演した際に、こんなことを話していました。“ベルギーにはベルギー語があって、それはオランダ語(世界で一番難しいとされている。)にとても似ている。しかし、クラブ内ではベルギー語が飛び交っているのではなく、様々な国の選手がいるので、共通語は英語だ”と。そうなのです。前にも書きましたが、英語は地球語なのです。どのような国に行っても、英語が話せればコミュニケーションがとれるのです!
まあ、もっともオランダ語は無声音のハーが多いみたいで、それを大観衆の中では聞こえにくいという理由もあるようですが。
香川選手はベッカムもプレーしたあのManchester Unitedに移籍が決まり、今、メディカルチェックを受けている最中です。Intelの長友選手もそうですが、超big clubで日本人が活躍するなんて本当に嬉しい限りです。
超余談ですが、来週の水曜日に私もメディカルチェック、いや、特定健康診断を受けます。“これでOKなら、ママもbig clubに移籍だね。”と娘のコメント。親バカですが、witに富んだジョークだと思いませんか?
海外で活躍する日本人
久しぶりのサッカーネタです。Wカップアジア最終予選にて、勝ち点7で現在トップの日本代表チーム。あと1年をかけて、home&away 方式で戦って行きます。2014年大会もブラジルで代表選手を見られたらいいですね。
そんな日本代表の選手23名中、海外のクラブで活躍しているのはなんと半数近くの10名。その国も様々で、England,Holland,Italy,Germany,Russia,Belgium の実に6ヶ国に及んでいます。Kingの時代からサッカーをこよなく愛する世代にとっては、日本人が海外でプレーするなんて夢のような話でした。今では、当たり前のように飛んで行ってしまっています。
その中でBelgiumに移籍した川島選手が、先日TV出演した際に、こんなことを話していました。“ベルギーにはベルギー語があって、それはオランダ語(世界で一番難しいとされている。)にとても似ている。しかし、クラブ内ではベルギー語が飛び交っているのではなく、様々な国の選手がいるので、共通語は英語だ”と。そうなのです。前にも書きましたが、英語は地球語なのです。どのような国に行っても、英語が話せればコミュニケーションがとれるのです!
まあ、もっともオランダ語は無声音のハーが多いみたいで、それを大観衆の中では聞こえにくいという理由もあるようですが。
香川選手はベッカムもプレーしたあのManchester Unitedに移籍が決まり、今、メディカルチェックを受けている最中です。Intelの長友選手もそうですが、超big clubで日本人が活躍するなんて本当に嬉しい限りです。
超余談ですが、来週の水曜日に私もメディカルチェック、いや、特定健康診断を受けます。“これでOKなら、ママもbig clubに移籍だね。”と娘のコメント。親バカですが、witに富んだジョークだと思いませんか?

Can you spell…?

Hello, readers!! It’s been a while. How have you been?
イギリスからの中継ブログ以降すっかりご無沙汰してしまいました(^_^;)
今日は、幼稚園児クラスの様子について書きますね!!
私の指導するPreSchoolクラスには、4歳から6歳の子供たちがレッスンに参加してくれています。みんなだいたい通って10ヶ月~2年くらいになると思うのですが、最近はもう大文字、小文字の区別もついて、私やポスターのヘルプ無しでアルファベット順に文字のカードを並べたり、3文字の組み合わせ( cat, bag, busなど )の単語をスペルしたりができるようになってきて、毎週子どもたちの成長には本当に驚かされます!!
もうそろそろ自分たちで簡単な絵本も読めるかしら?と、ちょっとワクワク♪
クラスの中でアクティビティをしたり、ビデオを見たりしている間も『Are you okay?』、『I don’t like frogs!!』など英語がポンポン出てくるようになり、本当に私や他の先生の言っていることをよく聞いて真似して吸収していってくれてるんだなぁーと、感心してしまうことも多々あります☆
私が中学生の頃でも、こんなにしゃべれなかったので、羨ましくもあり。。。(笑)
子供たちに追い越されないように、私も頑張らなくちゃ!!

jun 21

Hello, readers!! It’s been a while. How have you been?

イギリスからの中継ブログ以降すっかりご無沙汰してしまいました(^_^;)

今日は、幼稚園児クラスの様子について書きますね!!

私の指導するPreSchoolクラスには、4歳から6歳の子供たちがレッスンに参加してくれています。みんなだいたい通って10ヶ月~2年くらいになると思うのですが、最近はもう大文字、小文字の区別もついて、私やポスターのヘルプ無しでアルファベット順に文字のカードを並べたり、3文字の組み合わせ( cat, bag, busなど )の単語をスペルしたりができるようになってきて、毎週子どもたちの成長には本当に驚かされます!!

もうそろそろ自分たちで簡単な絵本も読めるかしら?と、ちょっとワクワク♪

クラスの中でアクティビティをしたり、ビデオを見たりしている間も『Are you okay?』、『I don’t like frogs!!』など英語がポンポン出てくるようになり、本当に私や他の先生の言っていることをよく聞いて真似して吸収していってくれてるんだなぁーと、感心してしまうことも多々あります☆

私が中学生の頃でも、こんなにしゃべれなかったので、羨ましくもあり。。。(笑)

子供たちに追い越されないように、私も頑張らなくちゃ!!

Preparing for the WEC School Trip to Hawaii 2012

Preparing for the WEC School Trip to Hawaii 2012
Recently I have been making arrangements for our school trip to Hawaii this summer. Junko and I will be taking a group of 7 young students from 11-14 to a summer camp organized by the YMCA of Hawaii. It will be a fantastic experience for our young students to enjoy playing sports and doing other outdoor activities with children from other countries. Several cheerful camp instructors from various countries (typically university students between 18-22) will be supervising, helping, encouraging and supporting the children. Of course the language used for these activities will be English.
On the front page of our website are the words “Prepare yourself for the real world”. This is what we do all the time in our classes at the school, we promote “Active Learning” which means our students have to think and produce English themselves by speaking English or writing it.
When the students arrive in Hawaii on July 29th they will have the chance to actually use English naturally outside the classroom as the way to communicate with the other children and adults at the summer camp. It should be a wonderful boost for their English language skills, a memorable experience different cultures and a great boost to their general confidence and happiness and all the while taking place in one of the most beautiful places in the world.
Along with the young students, we are also looking forward to the trip very much and to witnessing the changes that such an experience can make to the students.
2012WECハワイスクールトリップの準備
最近私はこの夏のハワイへ行くスクールトリップの調整をしています。純子と私はハワイのYMCAのサマーキャンプに参加する11才から14才の7人の生徒を引率します。ほかの国の子供たちとスポーツや他のアウトドアを経験して、生徒たちにはとても素晴らしい経験になるでしょう。このキャンプのインストラクターは、基本的18才から22才位の元気いっぱいの大学生のお兄さん、お姉さん達です。出身国は様々です。そんなインストラクターの人たちが引率し、手助けして、励まして、支えてくれます。もちろん、アクティビティの間使用する言葉は英語です。
WECのHPのトップページにある“Prepare yourself for the real world”.という言葉があります。これは、スクールのクラスの中でいつもやっていることです。私たちは“Active Learning(-英語を話したり書いたりすることで生徒さん自ら英語を考え、創造すること)” を一生懸命しているのです。
7月29日にハワイにつくと、実際にクラスルームの外でごく自然にサマーキャンプに参加する他の子供や大人たちとコミュニケーションする手段として英語を使うチャンスがやってきます。そのチャンスは間違いなく生徒たちの英会話のスキルを向上させてくれるし、異文化は忘れられない経験になるはずですし、それだけでなく彼らの自信も幸福感もアップするでしょう。
生徒たちに加え、私たちもこの旅行、それから生徒たちがこの経験を通して成長していくのを見るのをとても楽しみにしています。

2

Recently I have been making arrangements for our school trip to Hawaii this summer. Junko and I will be taking a group of 7 young students from 11-14 to a summer camp organized by the YMCA of Hawaii. It will be a fantastic experience for our young students to enjoy playing sports and doing other outdoor activities with children from other countries. Several cheerful camp instructors from various countries (typically university students between 18-22) will be supervising, helping, encouraging and supporting the children. Of course the language used for these activities will be English.

On the front page of our website are the words “Prepare yourself for the real world”. This is what we do all the time in our classes at the school, we promote “Active Learning” which means our students have to think and produce English themselves by speaking English or writing it.

When the students arrive in Hawaii on July 29th they will have the chance to actually use English naturally outside the classroom as the way to communicate with the other children and adults at the summer camp. It should be a wonderful boost for their English language skills, a memorable experience different cultures and a great boost to their general confidence and happiness and all the while taking place in one of the most beautiful places in the world.

Along with the young students, we are also looking forward to the trip very much and to witnessing the changes that such an experience can make to the students.

最近私はこの夏のハワイへ行くスクールトリップの調整をしています。純子と私はハワイのYMCAのサマーキャンプに参加する11才から14才の7人の生徒を引率します。ほかの国の子供たちとスポーツや他のアウトドアを経験して、生徒たちにはとても素晴らしい経験になるでしょう。このキャンプのインストラクターは、基本的18才から22才位の元気いっぱいの大学生のお兄さん、お姉さん達です。出身国は様々です。そんなインストラクターの人たちが引率し、手助けして、励まして、支えてくれます。もちろん、アクティビティの間使用する言葉は英語です。

WECのHPのトップページにある“Prepare yourself for the real world”.という言葉があります。これは、スクールのクラスの中でいつもやっていることです。私たちは“Active Learning(-英語を話したり書いたりすることで生徒さん自ら英語を考え、創造すること)” を一生懸命しているのです。

7月29日にハワイにつくと、実際にクラスルームの外でごく自然にサマーキャンプに参加する他の子供や大人たちとコミュニケーションする手段として英語を使うチャンスがやってきます。そのチャンスは間違いなく生徒たちの英会話のスキルを向上させてくれるし、異文化は忘れられない経験になるはずですし、世界有数のスポットにも匹敵する場所での経験で彼らの自信も幸福感もアップするでしょう。

生徒たちに加え、私たちもこの旅行をとても楽しみにしています。それから生徒たちがこの経験を通して成長していくのを見るのもまた、大変楽しみにしています。

最近のレッスンから ②

現在、英検4級クラスでは、比較級の勉強をしています。
2つのものを比べて、こっちの方が他方より○○というものです。
形容詞・副詞にerをつけて比較級をつくります。形容詞・副詞が2音節以上の長いものにはmoreをつけます。(例外もありますが。あと、lyで終わる副詞も)
このバッグは、あのバッグより安いという文を作る時のこと。ようやくerの付け方に慣れてきたGくん。This bag is cheaper than that one.としたかたっと思うのですが、なぜか答えは、チーパーではなくチーター。ものすごく走るのが早くなってしまいました。
あるお笑い芸人さんのネタに、ポテロングと紗々(網目状に形成したチョコレート)の面白い話があるのですが、より長いポテロングはポテロンガー、もっとも長いものはポテロンゲスト。そして、網目がより細かくなった紗々がサシャー、物凄い勢いの網目になったものがサシェスト。この話でほとんどの生徒さんが理解してくれます。お笑いも、ジャニーズの歌も私の英語教育をする上でのマテリアルになってくれています。
最近よく生徒さんから、レッスン中、英語しか話さない私に、“先生ってなにじん?”と聞かれます。そんな時は迷いもせず、“美人”と答えます。笑ったあなた!ひどい!
最近のレッスンから まる2現在、英検4級クラスでは、比較級の勉強をしています。
2つのものを比べて、こっちの方が他方より○○というものです。
形容詞・副詞にerをつけて比較級をつくります。形容詞・副詞が2音節以上の長いものにはmoreをつけます。(例外もありますが。あと、lyで終わる副詞も)
このバッグは、あのバッグより安いという文を作る時のこと。ようやくerの付け方に慣れてきたGくん。This bag is cheaper than that one.としたかたっと思うのですが、なぜか答えは、チーパーではなくチーター。ものすごく走るのが早くなってしまいました。
あるお笑い芸人さんのネタに、ポテロングと紗々(網目状に形成したチョコレート)の面白い話があるのですが、より長いポテロングはポテロンガー、もっとも長いものはポテロンゲスト。そして、網目がより細かくなった紗々がサシャー、物凄い勢いの網目になったものがサシェスト。この話でほとんどの生徒さんが理解してくれます。お笑いも、ジャニーズの歌も私の英語教育をする上でのマテリアルになってくれています。
最近よく生徒さんから、レッスン中、英語しか話さない私に、“先生ってなにじん?”と聞かれます。そんな時は迷いもせず、“美人”と答えます。笑ったあなた!ひどい!

Packed lunch Japan VS UK

totoro

キャラ弁、↑ すごいですよね~

私絶対無理です↓

ある日の夫との会話

「小学生になったらお弁当かも」

と言う私に

「そしたら前日にお弁当とか買えばいいね!」

と明るく答える夫

その感覚、すごいとさすがの私も思ってしまった・・・・・・

さすがイギリス人(食にこだわらない人種)

そんなイギリス人のランチはこんな感じです

lunchjpg

最近のレッスンから

暑くなったり、寒くなったり天候が不安定な毎日ですが、皆さん、如何お過ごしですか?
1つ、訂正があります。前回のブログで真っ黒くろすけを“千と千尋”の中のキャラとして書いてしまいましたが、本当は、“トトロ”でした。申し訳ございません。
さて、気を取り直して・・・・。お天気の話で、最近分かったことがありあます。幼稚園児クラスで”How’s the weather?” という歌を歌っているのですが、
天気によって曲調が変わるのです。もちろん晴れは明るいのですが、雨や雪の時にもやたら明るいのです。曇りなんて、これから何かが起こりそうなほどめちゃくちゃ暗くて、いつもどうしてかな?と考えていました。でも、その歌のポスターを見たら一目瞭然でした。イギリスの歌なのですね。イギリスのお天気は霧が多くていつもドンヨリしているイメージですよね。(本当はそうでもないそうなのですが。)しかしながら、降水量は日本のほうが多いというは驚きです。
英検クラスで、単語のミ二テストを毎回行なっているのですが、最近2人の子を泣かせてしまいました。1人はご自宅でレッスンをされているかたで、たまたま単語テストの時にお母様がいらして、あまりの出来の悪さにご立腹なさり、その場でいきなりバシーン~~この後のことはご想像にお任せします。
もう1人は何回も勉強してきたのにあまりの結果に、自分自身が情けなくなったのでしょう。珍しく泣いていました。でも、この悔しさが次に繋がることも教えたいと思います。お母様に叩かれた子は、その後のテストから満点をとれるほどになりました!
中学生のクラスで、所有代名詞の確認をしていた時のこと。最近あるジャニーズのグループの歌のおかげで、She her herと、すぐ出てくることは本当にジャニーさんに感謝状をおくりたいほど。でも、その印象が強すぎるのか、
“Heの所有代名詞は?”と聞いたところ、返ってきた返事は、“He her”
それってなんかのスナック菓子じゃないの?
最近のレッスンから
暑くなったり、寒くなったり天候が不安定な毎日ですが、皆さん、如何お過ごしですか?
1つ、訂正があります。前回のブログで真っ黒くろすけを“千と千尋”の中のキャラとして書いてしまいましたが、本当は、“トトロ”でした。申し訳ございません。
さて、気を取り直して・・・・。お天気の話で、最近分かったことがありあます。幼稚園児クラスで”How’s the weather?” という歌を歌っているのですが、
天気によって曲調が変わるのです。もちろん晴れは明るいのですが、雨や雪の時にもやたら明るいのです。曇りなんて、これから何かが起こりそうなほどめちゃくちゃ暗くて、いつもどうしてかな?と考えていました。でも、その歌のポスターを見たら一目瞭然でした。イギリスの歌なのですね。イギリスのお天気は霧が多くていつもドンヨリしているイメージですよね。(本当はそうでもないそうなのですが。)しかしながら、降水量は日本のほうが多いというは驚きです。
英検クラスで、単語のミ二テストを毎回行なっているのですが、最近2人の子を泣かせてしまいました。1人はご自宅でレッスンをされているかたで、たまたま単語テストの時にお母様がいらして、あまりの出来の悪さにご立腹なさり、その場でいきなりバシーン~~この後のことはご想像にお任せします。
もう1人は何回も勉強してきたのにあまりの結果に、自分自身が情けなくなったのでしょう。珍しく泣いていました。でも、この悔しさが次に繋がることも教えたいと思います。お母様に叩かれた子は、その後のテストから満点をとれるほどになりました!
中学生のクラスで、所有代名詞の確認をしていた時のこと。最近あるジャニーズのグループの歌のおかげで、She her herと、すぐ出てくることは本当にジャニーさんに感謝状をおくりたいほど。でも、その印象が強すぎるのか、
“Heの所有代名詞は?”と聞いたところ、返ってきた返事は、“He her”
それってなんかのスナック菓子じゃないの?

KET & PET on Saturday

Last Saturday I was a supervisor and an invigilator for the Cambridge ESOL KET and PET examinations which we organized for our pre-intermediate and intermediate level students. The exams were held at the Aizuwakamatsu Chamber of Commerce, which is not too far from the Windmill English Centre in Nakajima Machi.
I always feel very pleased and proud to offer our students and other candidates the chance to take examinations in English which are truly of an international standard even though there is a lot of administration work for us to do in order to hold the exams.
When I asked a couple of students after the exams about them, they commented that the listening paper was hard because the speakers they had to listen to on the test CD spoke so “quickly”. However, when I was invigilating during the listening paper, I thought the native English speakers on the CD were talking clearly and naturally. The students’ comments reminded me of the importance of exposing them to the rhythm and intonation of natural, authentic spoken English along with its hesitations, repetitions, weak forms, contractions (i.e. “I’m” not “I am”), ellipses (missing out words when considered unnecessary) etc..
At the school we use some of the best quality teaching materials available which, generally, use language as it is spoken naturally by fluent English speakers. It is clear that, in order to pass Cambridge exams, students must get this type of listening practice in the classroom and/or at home.

ketpet

Last Saturday I was a supervisor and an invigilator for the Cambridge ESOL KET and PET examinations which we organized for our pre-intermediate and intermediate level students. The exams were held at the Aizuwakamatsu Chamber of Commerce, which is not too far from the Windmill English Centre in Nakajima Machi.

I always feel very pleased and proud to offer our students and other candidates the chance to take examinations in English which are truly of an international standard even though there is a lot of administration work for us to do in order to hold the exams.

When I asked a couple of students after the exams about them, they commented that the listening paper was hard because the speakers they had to listen to on the test CD spoke so “quickly”. However, when I was invigilating during the listening paper, I thought the native English speakers on the CD were talking clearly and naturally. The students’ comments reminded me of the importance of exposing them to the rhythm and intonation of natural, authentic spoken English along with its hesitations, repetitions, weak forms, contractions (i.e. “I’m” not “I am”), ellipses (missing out words when considered unnecessary) etc..

At the school we use some of the best quality teaching materials available which, generally, use language as it is spoken naturally by fluent English speakers. It is clear that, in order to pass Cambridge exams, students must get this type of listening practice in the classroom and/or at home.

Top