WEC Original Chocolates

choco

3月末で受付のRie が退職したときに、生徒さん&WECスタッフに用意してくれたサプライズ、

上記、WEC Original Chocolates!

皆、サプライズ&感動でした☆彡

噂によると、Rieは現在いわきの海の中に住んでいるそうです((*゚▽゚*)

We miss you, Rie!

Johnと保育園へ

John

Stephenのお父様であるJohnが、ここ4週間日本に滞在し、私たちスタッフはもちろん、ロビーで生徒さんたちと会話を楽しんでいます。83歳というお年にも関わらず、積極的にいろいろな所に出向き、会津の観光地や桜を楽しんだり、大学や保育園にも出かけました。GWは東京にも行かれたとか。

気さくで、ダンディーな素敵な方です。フレンドリーなので、みんなすぐ打ち解けました。

先日、ある保育園のレッスンに同行していただきました。
年少児クラスは、全く初めてのレッスンだったので、いきなり大きな体の外国人の登場に泣き出す子もいましたが、彼の得意の歌にのって、Head Shoulders Knees and Toes をみんなで元気に歌った頃はすっかり打ち解け、最後はハイタッチでお別れ。

年中・年長児クラスは、始めからウェルカムモードでお出迎え。一人ひとりお名前を言い合って、Pleased to meet you. を教えてもらいました。読んでいただいたブレーメンの音楽隊は、色々な動物の鳴き声があってそれぞれ声色を変えて言ってくれたので、みんな大笑いでした。パラシュートを使ったLondon Bridgeも圧巻でした。ハイタッチはこれでもか・・・と思うほど続いて。

IELTS success!

IELTS success!
In recent months I have been helping some students to prepare for the IELTS test. Institutions of higher education, such as universities, in English-speaking countries require non-native English speakers to reach a minimum standard of English in an IELTS test (or a TOEFL test) as proof of their ability to be able to study successfully in English. The minimum score required varies from institution to institution but as a general guide, most British universities require a minimum IELTS score of 6.5 (considered the start of advanced level) whereas many US colleges require an IELTS score of 5.5 (upper-intermediate level).
Last June a student (who I will call Y-san and who kindly gave me permission to write about his progress in this blog) came to my school with hopes of studying in the UK. During his placement test interview it was clear that his English speaking and listening skills were at a solid intermediate level, i.e. he could maintain a conversation on general topics fairly well with few errors so I knew he had a realistic chance of achieving an IELTS score of 5.5 after a short period of relevant practice at my school.
Here is a summary of his progress during the 7 months (56 hours of tutorials) he studied with us:
IELTS Test One
(Taken after two months/16 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Aug 28th 2012 Listening 4.5  Reading 6.0  Speaking 5.5  Writing 4.0   Total 5.0
IELTS Test Two
(Taken after four months/32 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Oct 30th 2012 Listening 6.0  Reading 6.0  Speaking 6.0  Writing 4.5   Total 5.5
IELTS Test Three
(Taken after seven months/56 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Aug 28th 2012 Listening 6.0  Reading 6.0  Speaking 6.5  Writing 5.0   Total 6.0
We were all very pleased that he made steady progress improving his IELTS scores. When he achieved a score of 5.5 in October 30th, he was able to apply to study at US colleges. It is interesting to see that his lowest scores were for writing. In the writing test, candidates have to write a brief report of 150 words and a short essay of 250 words. However, Y-san had never written a report or an essay in English before coming to my school. It seems that actually producing English, whether in written or spoken form, is not widely practised by students in junior high and high schools in Japan. According to Y-san, his ability to speak reasonable English resulted mainly from the speaking practice he had during his home stay experiences in the US and Sweden and his interest in making friends with foreigners while a student in Tokyo.
Anyway, everyone at the WEC would like to wish him all the best in his future studies.
For more information about IELTS examinations and preparation for them, please feel free to contact us at the Windmill English Centre.
ielts

In recent months I have been helping some students to prepare for the IELTS test. Institutions of higher education, such as universities, in English-speaking countries require non-native English speakers to reach a minimum standard of English in an IELTS test (or a TOEFL test) as proof of their ability to be able to study successfully in English. The minimum score required varies from institution to institution but as a general guide, most British universities require a minimum IELTS score of 6.5 (considered the start of advanced level) whereas many US colleges require an IELTS score of 5.5 (upper-intermediate level).

Last June a student (who I will call Y-san and who kindly gave me permission to write about his progress in this blog) came to my school with hopes of studying in the UK. During his placement test interview it was clear that his English speaking and listening skills were at a solid intermediate level, i.e. he could maintain a conversation on general topics fairly well with few errors so I knew he had a realistic chance of achieving an IELTS score of 5.5 after a short period of relevant practice at my school.

Here is a summary of his progress during the 7 months (56 hours of tutorials) he studied with us:

IELTS Test One
(Taken after two months/16 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Aug 28th 2012 Listening 4.5  Reading 6.0  Speaking 5.5  Writing 4.0   Total 5.0
IELTS Test Two
(Taken after four months/32 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Oct 30th 2012 Listening 6.0  Reading 6.0  Speaking 6.0  Writing 4.5   Total 5.5
IELTS Test Three
(Taken after seven months/56 hours of IELTS practice at the Windmill English Centre)
Aug 28th 2012 Listening 6.0  Reading 6.0  Speaking 6.5  Writing 5.0   Total 6.0

We were all very pleased that he made steady progress improving his IELTS scores. When he achieved a score of 5.5 in October 30th, he was able to apply to study at US colleges. It is interesting to see that his lowest scores were for writing. In the writing test, candidates have to write a brief report of 150 words and a short essay of 250 words. However, Y-san had never written a report or an essay in English before coming to my school. It seems that actually producing English, whether in written or spoken form, is not widely practised by students in junior high and high schools in Japan. According to Y-san, his ability to speak reasonable English resulted mainly from the speaking practice he had during his home stay experiences in the US and Sweden and his interest in making friends with foreigners while a student in Tokyo.

Anyway, everyone at the WEC would like to wish him all the best in his future studies.

For more information about IELTS examinations and preparation for them, please feel free to contact us at the Windmill English Centre.

Winter in Aizu is finally coming to an end!

Winter in Aizu is finally coming to an end
In the Aizu area winter tends to drag on longer than in other areas of Japan at the same latitude but nearer the Pacific Ocean. During the month of March, although we have had some fine spring weather and a lot of snow has melted, there have also been several days and nights with biting cold winter winds and flurries of snow. As winter comes to an end, there is no more back-breaking snow clearing to do and I seem to have more time for such activities as writing this blog. So watch out for more blog entries from me from now on.
sakura

In the Aizu area winter tends to drag on longer than in other areas of Japan at the same latitude but nearer the Pacific Ocean. During the month of March, although we have had some fine spring weather and a lot of snow has melted, there have also been several days and nights with biting cold winter winds and flurries of snow. As winter comes to an end, there is no more back-breaking snow clearing to do and I seem to have more time for such activities as writing this blog. So watch out for more blog entries from me from now on.

まるで師走

3月に入りました。と、思いきやもう23日。あと一週間で4月の新学期ではありませんか?ずっとblogを更新できなかったのは、あまりの忙しさのせいです。
個人的に息子の大学入試、娘の大学卒業と2月からめまぐるしい日々を過ごしていました。当スクール的にも、新学期目前にして、嬉しいことに体験レッスンのご予約を多数頂き、入会に至っております。 新しい生徒さんが入会していただくということは、私共先生にとっても、既存の生徒さんにとっても、刺激のあることです。お互いに切磋琢磨できるということは、一番の上達への近道です。賑やかにレッスンできればと思います。
Easterの季節になりました。昨日はスタッフ総出で(Sophieもヘルプしてくれました。)準備しました。(↑の写真)今年は去年よりクオリティがあがっていますよ。皆さんお楽しみに。

新学期は、Easter egg huntingのように、ヒョンなところから素敵なものが見つかるといいですね。今年も楽しく皆さんと過ごしたいと思います。よろしくお願い1363930644695致します。

1363930644695

3月に入りました。と、思いきやもう23日。あと一週間で4月の新学期ではありませんか?ずっとblogを更新できなかったのは、あまりの忙しさのせいです。

個人的に息子の大学入試、娘の大学卒業と2月からめまぐるしい日々を過ごしていました。当スクール的にも、新学期目前にして、嬉しいことに体験レッスンのご予約を多数頂き、入会に至っております。 新しい生徒さんが入会していただくということは、私共先生にとっても、既存の生徒さんにとっても、刺激のあることです。お互いに切磋琢磨できるということは、一番の上達への近道です。賑やかにレッスンできればと思います。
Easterの季節になりました。昨日はスタッフ総出で(Sophieもヘルプしてくれました。)準備しました。(↑の写真)今年は去年よりクオリティがあがっていますよ。皆さんお楽しみに。
新学期は、Easter egg huntingのように、ヒョンなところから素敵なものが見つかるといいですね。今年も楽しく皆さんと過ごしたいと思います。よろしくお願い致します。

「英語の先生」というお仕事

先々週、先週と普段はマエコ先生やアレックス先生が担当している子供の英会話クラスを

担当する機会がありました。

普段の私の仕事は「スクールマネージャー」。

スクールがスムーズに運営出来る様に様々な事務仕事をしております。

幼児・小学生の英会話クラスを担当して分かったこと

「すごく体力を使う」!

各クラスは主に50分ですが、当たり前のことなのですが、全力投球のレッスンをしないと 子供はすぐあきてしまいます。ですので先生が率先して熱心にレッスンに望まなければいけません。また、歌やゲームを通して子供は楽しいと思っての活動も、実はその中に様々な学習効果を工夫して投入したレッスン準備をしなければ、効果のあるレッスン展開は出来ません。

WECの先生たちは各レッスン最低でも毎回30分以上の準備時間を要してレッスン構成を毎回立てているのですが、本当にその準備時間の大切さを実感しました。

それと

「すごく声を使う!」 ということも。

私はたった数回のレッスンだったというのに声が枯れそうになりました(笑)!

いかに先生たちは声の管理をきちんとしているかということが分かりました。

たまに夫、スティーヴンと言い争っていた私

「マネージャーの仕事より先生の方が何倍も体力を使う!」

とスティーヴンが言えば、

「マネージャーの仕事だって同じくらい体力を使う!」

と言い返していた私。でももう言い返せません。

なぜなら レッスンをした日はいつもよりとっても体力消耗を実感したので!

でも実際に子供を教えてみて、先生たちの日ごろの努力に感謝・尊敬したと同時に、

また生徒さんである子供さんの英語を吸収する早さ・興味の深さ・かわいらしさも

とっても実感できて、大変良い経験となりました。

話は変わりますが、WECでは主に子供さんのクラスでは「ゴールドスティッカー」制度を行っていて、宿題をきちんとやったり、問題に正解したりなどの良いことがあるとスティッカーがご褒美として先生からもらえます。何枚か集めると景品がもらえます。

下記は先日景品をもらったHちゃん(よくがんばったね!)、さらにその下の写真は景品を物色する生徒さんたちです(笑)!

gold

busshoku

愛すべき5歳児たち

最近、幼稚園・保育園の園児さんと関わる機会が多く、まるで孫と遊んでいる様な感覚です。彼らの吸収力はスポンジのようで、一度一緒に歌った歌が印象的だったのか、“先生、shake, shake 歌って!”と、Hokey Pokeyをせがまれました。歌により、shakeの意味をわかってくれたのが一番嬉しかったです。
それから、観察力が鋭いと思うのも園児さん。先週の木曜日の午前中、園でのレッスンがあり、汗だくで帰ってきて、そのまま午後の早い時間のレッスンへ行き、バタバタしながら4時半からのレッスンに行った時のこと。髪振り乱し、いつもと違うヘアスタイルの私を見て、ある5歳児の男の子が、“先生、髪切った?”やはりわかるのですね。髪を切っても家族はわからないのに、少しの変化に気づくのが小さい子。
もっと驚いたのが、やはり5歳児くん。Hello!と教室に入って行った途端に、
”孝子先生、細くなった!“(注・あくまでも本人比)最近体重を測っていなかったのですが、もう、そのように言われて嬉しくて体重計に乗ったらなんと、2、3キロ減っていたのです。
その子は本当にナイスなキャラで、“Do you like cake?” の問いに”No, I don’t.” と答え、皆でビックリしていたら、“だって、cakeの上に梅干乗ってるんだもん”確かに、見せたカードにはショートケーキの上に苺っぽい赤い物体が。cakeに梅干なんてさすがです。

愛すべき5歳児最近、幼稚園・保育園の園児さんと関わる機会が多く、まるで孫と遊んでいる様な感覚です。彼らの吸収力はスポンジのようで、一度一緒に歌った歌が印象的だったのか、“先生、shake, shake 歌って!”と、Hokey Pokeyをせがまれました。歌により、shakeの意味をわかってくれたのが一番嬉しかったです。

それから、観察力が鋭いと思うのも園児さん。先週の木曜日の午前中、園でのレッスンがあり、汗だくで帰ってきて、そのまま午後の早い時間のレッスンへ行き、バタバタしながら4時半からのレッスンに行った時のこと。髪振り乱し、いつもと違うヘアスタイルの私を見て、ある5歳児の男の子が、“先生、髪切った?”やはりわかるのですね。髪を切っても家族はわからないのに、少しの変化に気づくのが小さい子。
もっと驚いたのが、やはり5歳児くん。Hello!と教室に入って行った途端に、
”孝子先生、細くなった!“(注・あくまでも本人比)最近体重を測っていなかったのですが、もう、そのように言われて嬉しくて体重計に乗ったらなんと、2、3キロ減っていたのです。
その子は本当にナイスなキャラで、“Do you like cake?” の問いに”No, I don’t.” と答え、皆でビックリしていたら、“だって、cakeの上に梅干乗ってるんだもん”確かに、見せたカードにはショートケーキの上に苺っぽい赤い物体が。cakeに梅干なんてさすがです。

The First Exam. of 2013

昨日から降り積もった雪は、予想通り朝の雪かきに追われることになりました。カーテンを開けるのが、これほど怖かった朝はありません。皆さんいかがおすごしでしょうか?
この大雪の中、いよいよ明日今年度最初の試験である、英語検定が当スクールで行われます。皆さん、この大雪にも関わらず、特別講習会にいらしていただき、モチベーションの高さを目の当たりにしております。スクールで実施されるのは一次試験の5級〜2級までです。なんと、小学校一年生が3級に挑戦ということで、結果がとても楽しみです。
私の時代、中学校から英語の授業が始まり、そこで初めて英語に触れたのですが、今の時代の子供たちは、小学生になったとたんに、5級クラスを始められ、経験を積んで、1つずつ級を上げていくのですから、素敵だし、恵まれているなあと思います。この時代に生まれたかったですね。
この寒さに耐えている会津の子達ですから、辛い試験にも耐えられるでしょう。みんなで“春”を迎えましょうね!! Do your best!
1359175072531

昨日から降り積もった雪は、予想通り朝の雪かきに追われることになりました。カーテンを開けるのが、これほど怖かった朝はありません。皆さんいかがおすごしでしょうか?

この大雪の中、いよいよ明日今年度最初の試験である、英語検定が当スクールで行われます。皆さん、この大雪にも関わらず、特別講習会にいらしていただき、モチベーションの高さを目の当たりにしております。スクールで実施されるのは一次試験の5級〜2級までです。結果がとても楽しみです。
私の時代、中学校から英語の授業が始まり、そこで初めて英語に触れたのですが、今の時代の子供たちは、小学生になったとたんに、5級クラスを始められ、経験を積んで、1つずつ級を上げていくのですから、素敵だし、恵まれているなあと思います。この時代に生まれたかったですね。
この寒さに耐えている会津の子達ですから、辛い試験にも耐えられるでしょう。みんなで“春”を迎えましょうね!! Do your best!

英検クラス

eiken13

年が明けての最初の試験は

英検です。

WECでは、会話のクラスと併用して英検クラスを取っている方がとても多いです。

会話力はもちろんのこと、リスニング・文法もバランスよく上達されています。

WECが準会場団体に登録されているので、いつも通い慣れている教室で

リラックスして受験できる、ということも合格率の高さの1因のようです☆

試験はいよいよ今週の日曜日。皆様ベストをつくされますように!

尚、3級以上に合格された方は2月24日に面接試験があります。

2次面接のみの集中レッスンも行っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。
昨年はクリスマス発表会がやっと終わって、ほっとするのも束の間。もうお正月という感じでそのお正月も終わって、もう3学期のレッスンもスタートし、一巡しました。なんて時の経つのは早いのでしょう。もう頭の中では年末のクリスマス発表会の演目をシュミレーションしています。と、いうのもかなり昨年の発表会では歌が聞こえないやら、朗読がつまらないなど、非難轟々で、ミーティング中泣いてしまった経緯があるので(誰も気づいていなかったですが)
今年こそ三度目の正直で成功させようと、新年に誓います。
言い訳ではないのですが、歌に関しては、ある3人がドタキャンで抜けてしまったのが大きな要因だったのです。その生徒さんたちのリクエストで♫Silent Nightを歌うことになり、なおかつ合唱部なので本当にうまいのです。その力を借りれば・・・と後悔しています。
しかしながら、発表会に来られなかったその3人の為に、後日ミ二発表会をその子たちのご自宅で開催しました。(自宅でのレッスンなので。)おばあちゃんが、感激のあまり泣いていらしたのが嬉しくて、本当に頑張ってきて良かったと思いましたし、生徒さんは私の誇りです。
お正月は娘と息子のいる川崎で過ごしました。なぜか今年も大学受験の息子のために、苗字と同じ鎌倉の鶴ヶ丘八幡様でお参りしてきました。ご利益あるように願う
ばかりです。
hachimann

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年はクリスマス発表会がやっと終わって、ほっとするのも束の間。もうお正月という感じでそのお正月も終わって、もう3学期のレッスンもスタートし、一巡しました。なんて時の経つのは早いのでしょう。もう頭の中では年末のクリスマス発表会の演目をシュミレーションしています。
♫Silent Nightの歌の出し物に関しては、3人の生徒さんが急に参加できずにとても残念でした。その生徒さんたちのリクエストで♫Silent Nightを歌うことになり、なおかつ合唱部なので本当にうまいのです。
しかしながら、発表会に来られなかったその3人の為に、後日ミ二発表会をその子たちの
ご自宅で開催しました。(自宅でのレッスンなので。)おばあちゃんが、感激のあまり泣いていらしたのが嬉しくて、本当に頑張ってきて良かったと思いましたし、生徒さんは私の誇りです。
お正月は娘と息子のいる川崎で過ごしました。なぜか今年も大学受験の息子のために、苗字と同じ鎌倉の鶴ヶ丘八幡様でお参りしてきました。ご利益あるように願うばかりです。
Top