高速バス珍道中 with Maeko

illust1832

先週の金曜日、東京で大学受験に励む息子を応援するため、上京しました。その日、同僚の麻恵子先生も東京に行くことを聞いていたので、もしかして、同じくレッスン終了後の夜行バス?と思い、聞いてみたら、やはり同じバスでした。そこからが二人の珍道中のはじまり、はじまり・・・・。

 アレックス先生が心配していたとおり、私たちは寝るなんてもったいなく、ほとんどおしゃべり、ガールズ(?)トークです。周りの方がたごめんなさい!

まず、天然まえちゃんのオープニングはトイレの手を洗う水道から。自動手洗いに慣れている彼女は、手をかざしても出てこない水に、“凍結しているのかな?”と思ったそうですが、実は手動でした!それを嬉しそうに報告する彼女になぜか癒される・・・。

次に驚かされたのは、バスの車内は掃除がされていて、シートベルトもはまった状態になっていました。そうしたら、お客さんって体ごとすり抜けて出るのですねって言っていましたが、本気ではないですよね?

あまりに寝られなくて困っていたら、マッサージをすれば血流がよくなって寝られますよってことで、プロ並みのマッサージをして頂いたのですが、逆に目が冴えてしまい、ますます寝られなくなってしまいました。

 一番の驚きは、どこかのSAで休憩を取ったあと、シートベルトをはめようと思ったら全然入らなくて、何度も何度もトライしたのですが、結局はまらず、ハーン、原因は彼女だと思い、ベルトの確認をしようとしたら、“急に太ったんじゃないんですか?”とのレス。いやいや、もともと太っているのは認めますが、この何時間の中で食べたのは、あなたに頂いたレモンキャンディー2個だけですから。やっぱり彼女のベルトと交錯していて、逆になっていたためはまらなかっただけの話でした。

こんなまえちゃんですが、英語の先生として本当にrespectしています!常によりよいレッスンのためにいろいろ考えて実行に移していて、学ぶことばかりです。先生を始めた頃は、周りが何を言っているか理解できなかったそうですが、そんな時代があったとは思えない英語力!これからもよろしくね!

Top