どうやって英語がでてくるか?

Feb 2

先日、ある中学生の英検クラスが終わったあとに、こんな事を聞かれました。
S君「先生は、どうやって文章を組み立てるんですか?」
うむむ……どうやって? く…組み立てる? 組み立てる。。うん。。
私「自然と(^_^ ;)?」
S君「じゃあ、瞬時に、ここは完了形とか、現在完了進行形とか出てくるんですか?」
私「いやぁ…考えたことないなぁそれ。話しながら、ここはhaveの後だから過去分詞がきて…とか、考えてないわねぇ。」
S君「へぇー。僕は、どうしても一回相手やCDが何言ってるのか考えてから、自分で何言うか決めて、それを英語に直してからじゃないと、英語が出てこないです。」
お互いショッキングー!!な話(笑)
彼にも言いましたが、日本語の会話でも、相手が言ったことをいちいち頭の中で噛み砕いて理解してから相手に返事をする、なんてことはないですよね?「これ好き?」って聞かれたら、「うん、好き!」って出てきますよね。
それが例え第二言語の英語だとしても同じです。
簡単に言えば、ある程度英語を習った段階で、Do you like dogs?(犬は好きですか?)と聞かれたら、すぐにYes, I do. (はい、好きです) など答えますよね。
文法が例え難しくなったとしても同じです。これで聞かれたら、これで答えるという会話のキャッチボールのスタンスは変わりません。 答え方は、「えーそうなの?」など反応の仕方によっても変わりますが。とにかく、英語を話す多くの方は、聞いたり読んだりしたことを、日本語に翻訳はしていないはずです。
ただ、こうなるには、英語を英語で理解するようにしなくてはいけません。
でないと、「英語(聞く)」→「日本語(訳)&(考)」→「英語(訳)」の順で考えてしまい、返事をするまでに時間がかかる上、会話中に間違いなくついていけなくなって、頭がパンクしてしまうはず!!

とにかく、日本語に直す癖をやめるところから始めて、皆さんも、英語翻訳脳ではなく、ナチュラルな英語脳をつくていきましょう!!

Top