Yuka. E さん 念願春休みロンドンへの短期留学

私は高校ニ年の春休みにかねてから念願だった短期留学をロンドンで過ごしました。

なぜロンドンかと言うとWindmillで英語レッスンを行うようになると私のなかで遠い外国のイギリスが身近に感じられ ていきました。そして語学の旅へと一人で行くことを決めました。

初めての短期留学までにはWindmillで、レッスン以外にいろいろとイギリスの生活習慣やビデオでの勉強など細かくホーランド先生夫妻にお世話になり ました。その甲斐あってか、初めて乗る地下鉄やホルボーンにあるアスペクト校まで迷子にもならずスムーズに行けた自分にびっくりでした。

私がはじめて英語に興味を持ったのは中学一年の時クラスにハンガリーの子が転校して来た時です。その子は日本語が話せなく、私達もハンガリー語が分かりま せんでした。

それで私達のコミュニケーションは英語となりました。でも、やっぱりほとんどのことが理解出来なく何を聞かれても答えられずいつも困らせてしまいました。 そんな思いから英語が話せればなぁ?」と思うようになりました。

そして高校二年の夏休みからWindmillでの英語レッスンがスタートしました。

ロンドンでの生活はすごくすご?く楽しかったです。学校はロンドンの中心にあり昼食などは中国人、コロンビア人、タイ人、イタリア人、ブラジル人などいろ いろな国の人と出掛けてました。

クラスの年齢層は17才の私から47才のヘクトというコロンビア人までです。ヘクトはとても優しく勉強熱心でした。いろんな国の人や年齢を越えて授業を受 ける楽しさと刺激は、とてもいい雰囲気でした。それはWindmillでも同じような感覚だな?と思いました。

毎日授業が終ると友達と観光名所を回っていました。なかでもバッキングハム宮殿は「お?ロンドン!」と感じさせるものでした。

ロンドンタワーの前で

ロンドンタワーの前で

バッキンガム宮殿の前で

バッキンガム宮殿の前で

一つだけイギリスで驚いたのは、みんな電車がどんなに混んでいようが、立ち乗りになっても本を片手に持って揺られながら必死に読んでいた事です。とても読 書好きなんだなぁと思いました。だから電車はいつも静かで、日本人の私から見ると結構不思議な光景でした。

あとなんと言っても良かったのはホストファミリーです。

日本を出発する時ホストファミリーは、あたりはずれがあるから期待しないで行った方がいいと聞いていたのでそのつもりでいました。しかし!見事にあたり、 びっくりするくらい親切でした。私にホームシックになって欲しくないとお米まで買ってきてくれ料理を作ってくれました。美味しかったぁ。

学校で友達になった日本人のホストファミリーは、夜ご飯はレタスだけ お風呂はきっかり10分。過ぎるとドアをドンドンドンドン!と叩かれたそうです。

いよいよ日本に帰る日、本当に帰りたくないと思いました。何よりつらかったのはホストファミリーとの別れでした。その朝、熊のぬいぐるみとメッセージを涙 ぐむママさんからプレゼントされて泣きじゃくってしまいました。そしていつかまた訪ねてきてね。と言われ(涙・・・)

空港までの電車でも涙が止まりませんでした。それを見ていたイギリス人のチビッコは「なんだコイツ」という目で見ていましたが今もずーっとこころに残るス テキなファミリーでした。

日本へ無事ついた私は以前の生活に戻りアルバイトにも復帰しました!ただ、今までと多少変わった事はWindmillに通うのがますます楽しくなった事で す。それはジュリアン先生のジョークにすぐ笑えるからです。

3週間の短期留学でヒアリングが上達した成果だと思います。

これからも大好きな英語をつずけて行くつもりです。そしていつかまたロンドンへ、、

Top