Yuko. S さん ロンドンでの短期語学留学

ロンドンから電車で35分位 の所にあるノーバリ?という小さな中世を思わせるような町に着いたのは1999年、6月6日の事でした。ここが私のホストファミリ?のクリスチンの住んで いる所です。翌日からの私の電車通学2週間が始まりました。私が通う学校、ユーロセンターロンドンヴクトリア校は、WECから紹介してもらったスイス教育 財団の組織学校で、ヴクトリアステーションから歩いて10分位の所に位置しています。最初の日不安だったので、若いママさんに道を尋ねました。帰り際彼女 は ‘ I hope you find it. ‘ と言ったのは簡単な言葉ですけど今でも耳に残っています。

ヴィクトリア校は、白亜のステキな建物の一画にあります。受付を済ますと、教室へ入って、レベルチェックのためのテストが あって、ライテイングとリスニング、最後にインタビュー、これで全部です。その後皆で学校の周りをウオーキングにでかけました。日本と順序が逆ですが、も どると一階の教室でニューステュ?デントのための説明会がありました。ここでは2週間に一回入学があります。まず校長が挨拶、といっても日本のような固苦 しいのではなく、英国らいのでしょうか?’ 昨日は晴れたのに今日は雨、でも皆さんのために、まもなく晴れるでしょう’ といった具合いに聞こえました。25人全部の国名を1人づつ尋ねながらトォーク、日本人は私の他にもう一人だけ、他は中東、スイス、ブラジル、フィンラン ド、トルコ、ドイツ、ルーマニア、ロシア、など。
class

そしてランチの後自分のクラスが、一階のフロアーに貼りだされるので す。

私のクラスはレベル3という室でした。18歳から27歳まで9人中には1年もこの学校で勉強している人達が何人かいまし た。私のような年齢の人はいないので、最初はジェネレーションギャップを感じたのですが何にでも興味を持ってい積極的な姿勢があれば、すぐ乗り越えられま す。ロンドンの中心地だったこともあって、有名地やシアター、美術館どこにでも簡単に行くことができて、短かったけどとても楽しかった経験でした。

Top